helpxで海外生活

helpxで海外生活

・海外で生活してみたい

・でもお金が無い

・英語を上達させたい

・DIYなどのスキルを身につけたい

上記の条件に当てはまる人がいたら、helpxというサイトをまずチェックしてみてください。

helpxとはwwoof(無料の農家滞在)と同じように、helper(手伝い人)として現地のhost(オーナー)に頼まれた仕事をする分、滞在費と食費が無料で海外の生活を楽しむことができる、という素晴らしいワークエクスチェンジの仕組みです。

なぜやるのか?

私の場合、

・アメリカ東海岸の大学で交換留学中

・大学の寮がOPENするまで1週間近く時間がある。でもホステルに泊まるとお金がかかる・・。

・森の中で生活するってどんな感じなんだろう。

・一人の時間を持ちたい。

→helpxでボランティアをしながら、西海岸に無料で滞在しよう!

という流れです。

使い方と利用方法

helpxの使い方

1. helpxのサイトに登録する。(年間の登録料がかかりますが、一度登録すれば契約期間内にどれだけでもボランティアに申し込むことができます。)

2.自分のやりたいボランティアの種類(オーガニック農家・非オーガニック農家・ホームステイ・子どものお世話・ゲストハウスのお手伝いetc.)・国(オーストラリア・ニュージーランド・ヨーロッパ・アジア・カナダ・アメリカetc.)・地域をえらぶ

3.興味がある滞在先に、英語でメールを送ってみる!

以下は実際に私がhostに送った文章です。

(例)

Dear, (相手の名前)
Nice to meet you.

I am (自分の名) from Japan, an exchange student at (大学名) majoring (専攻). In this winter vacation, I will visit San Fransisco.(軽く自己紹介)

I would love to help your farm and learn about sustainable way of living. I hope to work at your farm for about two weeks from around January 3rd to 14th. (My flight is from SFO on January 15th.)

I was wwoofing in New Zealand for two months and stayed at three farms last year. I have experienced varieties of jobs there from weeding to taking care of animals. I love nature and plants.

I am passionated, friendly and out-going student. Hopefully, I would share Japanese cultures if you are interested.

I am looking forward to hearing from you soon.

自分の名前
……………………………………………………………………………………………………………………..

数日後にhostから返信がきます。

以下は実際の文章。

Hi 私の名前

Your offer sounds very good, we would be happy to offer you a place to stay while you are here.

We have plenty to do and winter is a good time for lots of gardening prep.

It never snows because we don’t get many days of freezing. We are expecting a lot of rain this year, which is probably good because of the many years of drought.

Are you able to arrange your own transportation to our place from the airport or would you need a ride?

You would need to talk to William the caretaker about that, I am cc’ing him above. He and I are also very interested in learning more about Japanese culture.

We don’t really provide food as our gardens are not well developed yet, but we could work something out for the basics. We have a cabin you can stay in.

There are probably going to be other Helpx volunteers here until early January, a couple from China and a German girl, so you may have a chance to meet them.

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………..

交渉の結果、2016/1/5から1/14までの約1週間の滞在が決定しました。

事前にメールをしていたので、空港までhostが車で迎えに来てくれました。

人によって、どんな目的でボランティアをするのかはそれぞれですが、

・他の国から来たヘルパーと友達になりたい

・普段の日常を離れて、自然の中で生活したい

などの目的が考えられます。

私の場合、ゲストハウスで働きたかったのですが、自分の探している地域にいい条件のhostが見つからなかったので、森の中で滞在させてもらうことにしました。

仕事内容(hostによって異なる)

仕事内容(hostによって異なる)

私の場合、

・平日は1日4−5時間の労働。土日休み。

・木をペイントする(防水加工)

・英語から日本語への翻訳作業(ゲストがくる際のルール説明)

・料理

・植木鉢の移動作業

・薪ストーブ用の小枝・丸太集め

・植物の水やり

・橋のデコレーション

など、日によって様々な仕事があり、helperの経験値・滞在日数・目的によって、仕事を選んで任せてくれます。

1週間で何を学んだか?

1週間で何を学んだか?

①普段の生活がいかに恵まれているかということ。

私の滞在先では、トイレ、シャワーは、山の中の階段を登った場所に設置されており、夜は暗すぎて懐中電灯なしにはトイレにいけない!

毎日が肝だめし。

コンロにライターで火をつけて料理。

薪ストーブを自分でつけて暖をとる。

→当たり前になっている都会の便利さに気づく。

②森の中で住む人の話をきき、新たな人生の道を知る。

hostは一人暮らし。

大学卒業後、DIYのスキルを独自で身につけ、個人契約の仕事を得て毎日生活をしている。

③自然と共生する生き方!

太陽光発電でのみ得るエネルギーで電気をまかなう。

トイレはコンポスト。

湧き水を飲む。

このように、普段の日常生活では味わえない、森での暮らしはとても貴重な経験になりました。

私の友人は、別のhostの所で滞在しており、貧困の子ども達への支援活動を行うお手伝いをしています。

仕事も滞在期間も人それぞれ。

helpxを通じて、得られるものはたくさんあります。

新たな出会いと経験を求めて、ぜひ海外での暮らしに挑戦してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
contributor
contributor
BoundtoBoundでは寄稿者を募集しています。 あなたの経験が、これから海外に飛び立つ方の力になるかも知れません。 お気軽にお問い合わせください。