135 views

世界中の物価が上がっている?

世界中の物価が上がっている?

たまに世界中を旅し、生活している人が居ます。

そんな人から、今後のヒントになるようなお言葉を頂きました。

僕なんてまだまだ。

悪戯にさすらい、一時的に外国にお邪魔しているだけ。

しかしそんな僕でも、確かに感じることがあります。

それは「世界中の物価がどんどん上がっている」こと

いや、日本がただ乗り遅れているのかもしれない。

そんな危機感。

ホリエモンがどこかの大学で、とても素敵なスピーチをしていました。

その時にも言っていましたが、タイかインドネシアか忘れましたが、マッサージして、チップを払ったら、結構安くなかったと。

マッサージはもう日本の10分の1とかではやれないですし、むしろ3分の1とか、半分。

モノによっては全く変わらないくらいの料金がかかります。

例えばマレーシアのペナン。

おしゃれな海辺のところで、綺麗なバーに行くと、大ジョッキのビールは1000円ほどします。

もう日本より高いですよね。

そうなんです。

先代が築き上げた「NIPPON」というブランドは、今や衰退の真っ只中です。

衰退が始まるじゃなくて、真っ只中。

リレーでいうと、1番、2番走者が差を付けていてくれていましたが、もう背中まで追い詰められている感じ。

このままだと、確実に抜かれるでしょう。

そして抜かれてしまった時、僕たちはどうなるのでしょうか。

誰の髪を切っているのでしょうか。誰の背中をマッサージしているのでしょうか。

それでも良いよと言う人もいますね。

ええ、たしかに。

最先端医療どころか、保険証も持てなくなる。それでも良いよと言う。

ええ、確かに。

屈辱的なことを言われ、差別を受ける。それでも良いよと言う。

ええ、まぁ確かに。

でもね、それは僕の場合であって、他人となると話は別。

僕の大切な家族が、満足な医療を受けられない、差別を受ける、そんなこと許せるわけがない。

もう一度よく考えるべきだと思う。

まぁ良いかは、自分を含めた周りの大切な人の境遇も含めていることを。

一時期、等身大は素晴らしい、みたいな曲がもてはやされてミリオンセラーになっていましたが、とても危険な気がします。

言い訳なんてダサいと思います。

ちょっとディープな話しになってしまいました。

The following two tabs change content below.
contributor
contributor
BoundtoBoundでは寄稿者を募集しています。 あなたの経験が、これから海外に飛び立つ方の力になるかも知れません。 お気軽にお問い合わせください。