インドネシア情報

日本人の友達、現地の友達と

インドネシアは、複数の島からなるアジアの国である。中でもバリ島は、数ある観光地の1つであり、ハワイ、グアムと並ぶ南国リゾート地として有名だろう。

首都はジャワ島のジャカルタであり、ここにはスカルノハッタ国際空港がある。

インドネシアで「スカルノ」といえば、大統領の名前だが、その3番目の夫人が日本でもテレビで活躍しているデヴィ夫人である。

季節について

インドネシアは日本のような四季がなく、雨季と乾季に分かれている。かといって乾季でも全く雨が降らないわけでもなく、逆に雨季だからといって雨が降ってばかり、というわけでもない。私が行ったときは乾季だったようだが、雨が降った日もあった。

宗教について

モスク言葉について

教室にて

公用語はインドネシア語だが、日本語、英語、フランス語、中国語など、多くの人が様々な国の言語を学んでいる。特に日本語教育には力が入っており、学習者たちも日本が大好きだ。日本食レストランがちらほらあったりもする。とくにAKB48がジャカルタに姉妹グループ(JKT48)を持っていることも影響しているのか、AKB48の楽曲、「恋するフォーチュンクッキー」に合わせて、日本語を学んでいる人たちが踊っている動画もyoutubeから視聴可能、というように、とにかく日本語教育はアツい。

食べ物について

食べ物も豊富で、Rendang(ルンダン)は世界でもトップ10に入るほど美味しいと聞いたので食べてみたが、本当に美味だった。

Sateという食べ物もある。これは日本でいう焼き鳥なのだが、鶏、ヤギ、ウサギといろんな味があり、これもまた美味。
水以外の飲物は、かなりの確率で砂糖が入っている。ジャスミンティーのようなお茶にまで入っていたりもするが、私は個人的には好きだった。

車事情

タクシーで移動する機会が何度かあったが、初めて行った場合は車体の青い「ブルーバード」と呼ばれるタクシーが安心だろう、と地球の歩き方に書いてあるが、実際それほど神経質にならなくても大丈夫だ。空港やホテルなどの公共の場所であれば、そこのスタッフが手配してくれる。

日本製の車もたくさん走っている。が、なぜかマツダだけは滞在中に一度も見かけなかった。自分の場所を知らせる意味で、クラクションは頻繁に鳴らす。

自転車・バイクの2人乗りは当たり前で、警察も何も言わない。

世界遺産

インドネシアに行ったら絶対に見ておきたいのが、ジャワ島内にある世界遺産、ボロブドゥール遺跡群である。ちなみに、私は時間がなくて見にいくことができなかったが、私の滞在していたPurwokertoからは飛行機で4時間ほどかけないと行けないらしい。同じジャワ島内なのに、である。

The following two tabs change content below.
KANAMORI HIROKI
茨城県在住、高校からは千葉県の国際高校に通い、現在は某外語大で英語を中心に外国語を学んでいる学生です。海外には何度か渡航しており、その経験を発信していきたいです。