象使いを目指して

象使いを目指して

14世紀中頃、現在のラオスはランサン王国でした。王都はルアンパバーン。ランサンとは、“百万頭の象“という意味でした...。

ラオスのルアンパバーンと言えば、近年一部の旅行者の中で流行っている『象使い免許取得』が話題を呼んでいます。

元々日本人旅行者の少ない町も、今ではそれ目当てで訪れる人もいる程です。

「旅の途中で象使いの国家資格が取れるらしいよ!!」

「履歴書に書けば話題になること間違いなしでしょ!!」

象に乗り
森を歩き
川を渡り
エサをあげたり

「進め」「右へ」「左へ」等の指示で誘導したり出来るようです。

これはやりたい!!!

ただ中には偽物のライセンスを発行しているところもあるそうで。

本物をとる!!

正直、僕はそれだけでここまできました。

早速町歩きをしながら、ツアー会社を数件見て回りました。

カウンターの人に話を聞きます。

これって本物のライセンスなんですよね?

「Yes.」

そう言ってちょうどその時にパソコンで作成、編集していた象使いの免許証の画面を見せてくれました。そこには日本人女性の名前と顔写真が...。

費用は1日コースから6日コースまであるらしく、そのどれでも免許証を交付していると言う。

う、さ、ん、く、さ、い…!!!

聞けば1日コースでも$80するらしい。

偽物の免許証の為にそんな大金を払うのはちょっと厳しい。

しかし「ここ本物ですよね?」と聞いても、どこも「Yes.」と返ってくるだろう。

HISを発見

しばらく歩いていると、HISの営業所があった。ここなら何か分かるかもしれない。営業所の前まで来た時、僕は愕然とした。

結果

結果

[こちらのブログより寄稿していただきました。]

The following two tabs change content below.
2015年2月8日(日)より世界一周の旅をスタート。 ブログも更新しています。