151 views

フィリピン留学を決意

韓国資本?日本資本?フィリピン語学学校の特徴

わたしは今年の終わりからカナダへワーキングホリデーする予定です。

以前から1年間という限られた期間を有効的に活用したいと考えていました。カナダで永住権を取りたいと考えているわたしはワーホリ期間中は「働く」をメインにしていきたいと計画中です。そのための英語力を身に付けることが前からの課題でした。

そんな中、知ったのが「フィリピン留学」。1ヶ月約10万円〜という格安料金で語学学校の授業料、寮費、食費などが含まれているという圧倒的なコストパフォマンスとマンツーマン授業数の多さに惹かれました。

一説では、500校以上あると言われている語学学校。たくさんありすぎて、この中から自分に合った学校を選ぶだけでも一苦労です。今回の記事では、2つの基準のうちの1つ目、語学学校の資本別特徴について紹介します。

留学の目的と語学学校

留学の目的と語学学校

わたしが今回のフィリピン留学で達成したいと思う目標は3つです。

・日常生活で英語のコミュニケーションを取れるようになること
・IELTSのスコアを伸ばすこと
・人間関係の輪を広げたい

カナダのワーホリする前にできるだけ英語でコミュニケーションする力を身につけたいので現地では日本語を使わない環境に行くことを選びました。

また、 将来カナダで永住権を取りたいと考えているので今のうちからIELTS対策をしておきたいと思いました。それに、自分の英語力を客観的に評価する基準があるといいのではないかと思います。特に、試験対策はスピーキングやライティングセクションは独学では難しい分野にあんるのでそのあたりを教えてほしいなと思いました。

また人間関係の輪を広げたいというのは=日本人だけでなく外国人の友達も作りたいということです。そのため、わたしには大規模校よりは生徒数が多すぎない学校のほうが適していると感じました。こんな感じでまずは自分がどうしてフィリピン留学したいと思うのか、目的をはっきりさせことで、どのようなタイプの学校がいいのかおのずとはっきりしてきます。

フィリピンの語学学校には主に韓国資本と日本資本に分けられます。もともとフィリピン留学をはじめたのは韓国人だそうで、現在フィリピンにある老舗の語学学校は韓国資本がほとんどです。それぞれの資本で学校の特徴が全く違います。

韓国資本の特徴

・スパルタ形式の学校が多い

ほとんどの学校で門限など厳しい規則があります。スパルタだと平日は学校からの外出が制限されています。授業も医師の診断書がないと勝手に休むことができません。

ほかにセミスパルタ方式の学校もあり、スパルタ方式ほど門限は厳しくなく、平日も夜10時までは外出OKだったりするみたいです。

韓国では就職難で大企業に就職しようと思うと高い英語力が必須なようです。また、韓国では両親が留学費用を不安する場合が多くて行くからには絶対に効果を出して帰ってきなさい!という家庭が多いという背景があるようです。

・日本人比率が低い
ほとんどの学校で韓国人比率が高く、日本人の人数はそこまで多くないそう。ただ、時期によっては日本人比率も増える時期もあるようなので、HPの情報がすべてというわけではない。なるべく新しい情報をキャッチして自分にはどれくらいの日本人比率の学校がいいのか考えながら選ぶといいと思います。

・食事が辛いものが多い
韓国人経営だから、当たり前といえば当たり前ですが。韓国料理が多いと聞きました。食事は毎日のことだから結構大事。どうしても辛いものが苦手という人にとってはストレスになるかもしれません。

日本資本の特徴

●日本人向けのカリキュラム
授業スタイルやカリキュラムが日本人向けに作られているそうで特に、日本人が苦手なスピーキングに重点を置いた学校が多いです。

●日本人が勉強に取り組みやすい環境
食事面も日本食を取り入れられていたり、韓国資本によくある厳しい規則などもなかったりする学校が多いです。また、日本資本らしいきめ細かいサービスがあって安心して学習することができる。

●日本人比率が高い
日本人比率がかなり高いです。そのため、授業以外では(例えば寮生活などで)英語を学べる環境ではないかもしれません。

まとめ

まとめ

フィリピン留学に限らず、語学学校を選ぶ際には留学で達成させたい目標をはっきりさせることがとても大切です。目標を明確にすることで、どちらの資本の学校が自分に合っているのかわかってくると思います。今回、わたしは韓国資本の学校に行くことに決めました。

The following two tabs change content below.
contributor
contributor
BoundtoBoundでは寄稿者を募集しています。 あなたの経験が、これから海外に飛び立つ方の力になるかも知れません。 お気軽にお問い合わせください。