タイ・バンコクのホストファミリー

タイ・バンコクのホストファミリー

タイに留学すると決めた時、タイ語なんて何に使えるんだ!といろいろな人から驚かれました。

でも東南アジアに憧れがあった私は人の忠告を聞かず、タイへの留学を決めました。

留学は一筋縄ではいきませんでした。

希望を持ってバンコクに派遣されたもの、ホストファミリーは家庭内に問題を抱えていました。

両親は不仲で、時折怒号が飛ぶような環境。

ホストシスターは常に不機嫌な顔をしていて、一緒にいることが申し訳ないと毎日縮こまって生きる他なく。

時間が経てば経つほど、ホストは私に関して無関心になっていき、平日は夜遅く帰ってきて、土日は私抜きで外出するようになりました。

私はいつも一人で家にこもって過ごすようになりました。

友達と外出しようとしても、ホストが嫌な顔をする。

だんだんと精神が疲弊していき、鬱のような症状も出始めました。

ファミリーチェンジとスクールチェンジを経験

ファミリーチェンジとスクールチェンジを経験

学校では無事友達ができ、幸せに過ごしていました。

しかし私の相談係の先生は頭に病気があり、正しい判断などとてもできない人だったのです。

何を話しても、お前が悪いと決めつけられ、挙句の果てには、学校内に悪口を言いふらされました。

なんでこんなことをされなくてはいけないんだ…と悩んだ回数も数知れません。

家庭・学校共にボロボロになった五か月目、ファミリーチェンジを決めました。

新しいファミリーを校内で必死に探しましたが、見つけることはできませんでした。

そして、スクールチェンジも決まりました。

留学団体のスタッフが全く別の場所でファミリーを見つけたからです。

チェンジに料金は発生しませんでしたが、次のチェンジ先は日本だという誓約書を書きました。

せっかく仲の良い友達ができたのに、知らない新しい環境に飛び込むのは、悲しくて、辛くて。

チェンジ先は南部の海に近い学校でした。

新しいホストファミリーはフレンドリーで優しく、ボロボロになっていた私の心を癒してくれました。

学校でも新しい友達ができ、ふざけあったり。

しかも、街には自然がたくさん。

エメラルドグリーンの海、澄んだ色の滝、ヤシの林の中には牛さんもいます。

チェンジしてよかった…と心から感謝し、幸せな毎日を過ごしていました。

帰国前は本当に帰りたくなくて、ホストの前で泣いてしまったほど。

バンコクにいたときには考えられないくらい、タイが好きになっていました。

しかし時間は無情にも早く過ぎ、夢のようなタイ生活は終わってしまいました。

苦労も成長につながる留学

苦労も成長につながる留学

留学には困難がつきものです。

そして、私は人より少し苦労が多い留学生活でした。

すべてを終えた今、これもこれでよかったかな、と思えるようになりました。

だって、その分成長できたから。

いろんなことを知れたから。

苦労だって、悪いことばっかじゃないんだよ。

The following two tabs change content below.
contributor
BoundtoBoundでは寄稿者を募集しています。 あなたの経験が、これから海外に飛び立つ方の力になるかも知れません。 お気軽にお問い合わせください。