277 views

留学前に準備しておくべき日用品とは?

留学、インターンシップ、ワーホリなどで長期で海外に滞在する際に準備した方がいい日用品についてご紹介します。

※ちなみに、著者は、オーストラリア・ブリスベンに滞在しています。

変圧器+コンセント

オーストラリア_コンセント

日本とオーストラリアでは、電圧が違うので変圧器はマストアイテムです。

日本で使用しているスマホ、パソコンの充電をするために必要です。

現地でも手に入れることができますが、留学前に日本で購入して持ち込む方が安く済みますし、即使えるので大変便利です。

私のオススメは、こちら!

BESTEK 変圧機能搭載 海外旅行用充電器 90V~240V TO 100V 全世界対応 電源タップ 海外旅行変圧器 変換プラグUK/US/AU/EU付き MRJ201GU

変換プラグ付きですので、大変お買い得です。

しかも、プラグが3口ついていますので、スマホとパソコンが同時に充電できます。

※ドライヤーなどのW数が大きいものは不可。

パソコン+USB

オーストラリア_パソコン

パソコンは、留学先での仕事探し、お店検索、履歴書作成などを行う上で、マストアイテムです。
必ず準備しましょう。

5~8万円代の薄型ノートパソコンやMacbookAIRなどがいいでしょう。

私は、LENOVOの5万円前後のPCを持ってきています。

また、USBは海外で働く際の履歴書作成時などデータ保存をする上でマストです。

履歴書提出時に、証明写真が必要なこともあるので、写真のデータを入れておくといいでしょう。

留学先でも手に入りますが、日本で事前に買って準備した方が安価で済みます。

LENOVO ※MicrosoftOffice搭載型がおすすめ!

USBメモリー(スティック型で、蓋がないものが使いやすいです)

電子辞書

オーストラリア_電子辞書

留学先で話す際、文章を書く際に困った時。
Google翻訳である程度の翻訳はできますが、Wi-Fiがつながっていない場合はやはり電子辞書が便利で早いです。

英和・和英辞典が入っているシンプルなもので十分でしょう。

私はこちらの電子辞書を持参しました。

薄型で軽いため、外出時の持ち運びにも邪魔になりません。

海外電圧対応ドライヤー

ドライヤーは、W数が高くて変圧器では対応できないため、国内・国外対応のものを準備すると良いでしょう。

現地でも手に入りますが、やはり割高になります。

特に、髪が長い女性の方にとってドライヤーは欠かせないでしょう。

日焼け止め+サングラス

オーストラリアは日本と比べて紫外線が強いため、皮膚を保護することが大切です。

海外製の商品が肌に合わない場合があるので、日本で準備することをおすすめします。

サングラスも使い慣れたものや、UVカットのものが良いでしょう。

日本製品は、本当に質が良くて、安くて可愛いデザインのものが多いです!

夏場は特に紫外線が強くなりますので、要注意です。

生理用品 ( 女性編 )

女性の方は、日本から生理用品を持参すると良いでしょう。

海外製の生理用品は、サイズが合わなかったりコットンの質が悪いものもあります。

使い慣れたものを持参する方が肌にかかる負担も減りますので、ある程度は持参しておくと良いでしょう。

まとめ

以上が、私が国内から準備して非常に役立っている日用品です。

海外製品は、全体的に日本製品よりも値段が高いので、消耗品以外は日本で準備・購入して持参すると初期費用が抑えられると思います。

特に、女性の方で、メイク用品、スキンケア等にこだわりがある方は、持参すると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
contributor
contributor
BoundtoBoundでは寄稿者を募集しています。 あなたの経験が、これから海外に飛び立つ方の力になるかも知れません。 お気軽にお問い合わせください。