1,439 views

オーストラリアでは2年もワーホリが出来ちゃいます!

オーストラリアでは2年もワーホリが出来ちゃいます!

オーストラリアにワーキングホリデーに来ている皆様、セカンドワーキングホリデー制度はご存知ですか??

セカンドワーキングホリデーとは1年目のビザ中に88日間の季節労働をすると、もう1年オーストラリアに滞在出来る様になるビザです。

今回はオーストラリアファームの完全バイブルとして以下の11項目を紹介します。

ファームに移動後に後悔しないため、絶対に読んでおきましょう。

オーストラリア・セカンドビザ申請に必要な日数と申請方法
どんなお仕事があるの?
どこに行けば良いの?
ファームの探し方
ファーム中のアコモデーション
車は必要?
ファームの現状
セカンドビザって買えるの?
失敗しない為に大事なこと
セカンドビザの申請方法
オーストラリア移民局のセカンドワーキングホリデーページからの申込方法

オーストラリア・セカンドビザ申請に必要な日数と申請方法

オーストラリア・セカンドビザ申請に必要な日数と申請方法

季節労働はオーストラリアが定めた地域にて建設業、林業、漁業、農業、炭鉱業、酪農業を88日、2ヶ所以上でのお仕事をする場合は合計で90日お仕事をするという事が条件です。

地域は郵便番号で細かく区分けされていますのでご就労の際は働く場所の郵便番号をきちんとお調べになる事をお勧めします。

上記の地域、お仕事の種類での条件を満たしたらあとは88日間働くのみ。

働らく前にセカンドビザ申請に必要なフォーム1263をご用意(移民局のホームページからダウンロードできます)しておいください。

就労先のファームから必ずフォーム1263に記入してもらって下さい。

記入してもらったら後はオンラインで申請するのみ。

何もなければ早くて1時間で降ります。

セカンドビザ申請後に稀に移民局から給与明細や銀行の口座履歴の詳細を求められる事もありますのでご用意出来る様にしてください。そう!備えあれば憂い無し。

また1年目の期間中に権利を持っておけば1年目の期限が切れて帰国しても、31歳になるまでに申請したらセカンドワーキングホリデービザは申請出来ます。(法律が変わらなければ)

セカンドワーキングホリデービザに興味のある人は随時、ビザの申請基準をチェックしておきましょう。

こちらが移民局のサイトです。

セカンドワーキングホリデービザの指定区域や申請基準などの公式情報またフオーム1263などもダウンロードできます。

どんなお仕事があるの?

お仕事の種類は本当に多種多様です。ただし地域が指定区域内でもホテルやレストランなどでは権利は取れません。

季節労働(建設業、林業、漁業、農業、炭鉱業、酪農業)をしなければなりません。

その中でも最も多いのはやはり農業です。

野菜や果物などの種植え、収穫、箱詰め作業が主なお仕事です。時給制と歩合制があります。

イチゴ、マンゴー、バナナ、トマトなどなど。自給率の高いオーストラリアではどんな作物も取れます。

酪農作業や漁業、林業はお仕事的には動物が苦手な方などには大変ですがお給料も安定してい就労先を探すのがとても大変です。

また建設業と炭鉱業はライセンスを取らなければ働けませんがこちらもお給料が大変よく経験があって英語が喋れればとても有意義な時間になると思います。

どこに行けば良いの?

どこに行けば良いの?

さてやりたいお仕事も決まったら次は場所ですよね。

やりたいお仕事がその地域にあるかなども重要になってきますね。

下記は移民局が発表してます指定区域です。

State/territory

Postcode

Australian Capital Territory

The Australian Capital Territory is not classified as part of regional Australia.

New South Wales

2311 to 2312
2328 to 2411
2420 to 2490
2536 to 2551
2575 to 2594
2618 to 2739
2787 to 2898
Note: Excludes Sydney, Newcastle, the Central Coast and Wollongong.

Northern Territory

All of Northern Territory is classified as part of regional Australia.

Queensland

4124 to 4125
4133
4211
4270 to 4272
4275
4280
4285
4287
4307 to 4499
4510
4512
4515 to 4519
4522 to 4899
Note: Excludes the Greater Brisbane area and the Gold Coast

South Australia

All of South Australia is classified as part of regional Australia.

Tasmania

All of Tasmania is classified as part of regional Australia.

Victoria

3139
3211 to 3334
3340 to 3424
3430 to 3649
3658 to 3749
3753
3756
3758
3762
3764
3778 to 3781
3783
3797
3799
3810 to 3909
3921 to 3925
3945 to 3974
3979
3981 to 3996
Note: Excludes Melbourne metropolitan area.

Western Australia

6041 to 6044
6083 to 6084
6121 to 6126
6200 to 6799
Note: Excludes Perth and surrounding areas.

こう見るとメルボルンやシドニーなどの大都市、ゴールドコースとなどの観光地は含まれてませんね。

セカンドワーキングホリデービザを取るのは電気の灯りで輝く町から綺麗な星の灯りで輝く街に移動しなくてはなりません。

ファームの探し方

ファームの探し方

セカンドワーキングホリデービザの権利の習得において1番難しいのはココです。

そう、働く場所を探すこと。

日本の20倍の面積を誇るオーストラリアでレジュメもってお仕事を探すなど考えないでください。とりあえずお仕事の多い地域に行って探すのも危険です。

季節労働のお仕事情報は非常に流動的でかつ良し悪し含めて本当に膨大な情報が出回っております。

ここでは主な探し方をご紹介します。

①移民局が出しているハーベストトレイルでお仕事を探す。

ハーベストトレイルでは全豪の農場の詳細が載っている本です。ウェブでもPDFをダウンロード出来ます。英語力と車させあればこの本は政府公認のファームが載ってるので好条件のお仕事情報が転がってますがやはり英語が出来なかったり、時期が合わないと難しいのも現状です。

各地域のインフォメーションセンターに連絡を取り、職場をを紹介してもらう形になります。なので、英語力や交渉力に優れてる方は是非試してみて下さい。

こちらでハーベストトレイルがダウンロード出来ます。



②インターネットで探す。

こちらはガムツリー、日豪プレスなどインターネットで探します。このやり方は安易に情報が入るし、もっともポピュラーな探し方です。
全豪のファーム情報がすぐに見られる反面、好条件のファームはすぐに予約が埋まってしまう傾向にあります。悪質なファーム、ビザが取れなかったりなど当たり外れが一番多いです。

③エージェントや仲介業者を利用する。

仲介業者やエージェントを通じて無料の所と有料の所があります。有料でも無料でも仲介している分お仕事がすぐあるのと比較的待ちなしでお仕事につけるのが特徴です。アフターケアーもしっかりしていてビザなどの心配はほぼ無く、日本語対応の業者でしたら言葉も通じて安心できると思います。だだし高額の仲介手数料がかかる場合は慎重に考えるようにしましょう。

④友達・知人の紹介で探す。

この方法は一番確実で簡単な方法です。ご友人または知人からの紹介なら1度その方が行ってるまたは滞在をしていればより確実な情報がが手に入ります。ただし、あくまでも紹介なので知人と全く扱いが同じではない事もあるのでご注意下さい。

⑤ファームのある場所に体当たりする。

この方法はもそすごい好条件のファームを見つける事も出切れば、最悪な所に出会う可能性も有り。

ギャンブル性が強い反面、自分の持ってうまれた運、直感をたよりに地図見ながら電車、飛行機、バス、車など様々な方法で冒険に出るのも面白いかもしれません。

ファーム中のアコモデーション

アコモデーションはいろいろな種類があると思います。

シェアハウス、コンテナハウス、キャラバンパーク、ホステル(バックパッカー)の4つが基本だと思います。

シェアハウスやコンテナハウスはファームと隣接していたり、ファームが運営していたりする事も多いです。

キャラバンやホステルはそこからお仕事を貰たり、いいお仕事情報を手に入れられたり出来るのでオススメです。

お値段的には平均ですが、キャラバン、コンテナ、ホステル、シェアハウスの順だと思います。もちろん例外もございます。

僕の知っている中でのツワモノは車生活やテント暮らしの方もいました。こちらは温暖な気候なら乗り切れますが衛生的て難がありますね。

車は必要?

車は必要?

無くても何も問題ないです。

ただし車があれば便利ですし、良いお仕事にもつけたり送迎でエキストラジョブもあるかもしれません。

だいたい交通費が$5-$10の間なので車を買った金額くらいは乗せれる人数にもよります戻ってくるかもしれません。

ただし毎日のガソリン代や修理費を考えれば本当に必要かをしっかりと考えなければなりません。

車の買い方はインターネットにて多数載っているので、お車を買われる州の条件をチェックしておいてください。

ファームの現状

今の全豪のファーム情報を網羅している訳ではありませんが、ファームの紹介をしている私が聞く限りを書きたいと思います。

全豪には本当に多くのファームがあり良い所も悪い所も数えきれません。そのなかでお仕事がなくても、ビザの日数を消化する為に働き続ける人、何時間働いても作物が少なく給料が少なかったり、アコモが汚かったり、冷水しか出なかったり色々いますね。

最悪な所はお仕事頂けず、仕事が欲しければオーナーと寝なければならなかったり、差別をうけて常軌を逸したすごいキツイ仕事につかされる事もあります。

これはまだまだ問題の一角でその他の事例などごまんとあります。

その逆に週$1000以上確定のお仕事、毎日お仕事がある所、家が英語環境、綺麗なアコモなどなど優良なファームに出会えた人も数多くいますね。

ファームの現状としてはお仕事を見つけること自体は難しkありませんが自分が納得して働く場所を見つけるのは至難の技だと思います。

どこまで妥協ができるかですね。

田舎とはどういう所なのか?

ファームは会社ではありませんのでお給料が遅れる事も、冷水シャワーしか出ない所も、マットレスがない事も差別される事もあります。なかにはもっといろんな事ががあります。

ジャパニーズクオリティはオーストラリアの田舎にはありません。

そこはわかっておいた方が良いと思います。

セカンドビザって買えるの?

セカンドビザって買えるの?

よく聞かれます。セカンドビザって買えるのですか?安全ですか??トラブルや門題はありませんか?

申し上げましょう。買えます。いろんな失敗例も数ありますが、安全で確実に買えるところがあります。しかも全部ビザが下りてからのお支払いなので安心です。

ファームいめげた方、もう辛くて嫌な方、行きたくないけどもう1年居たい方はメッセージお待ちしてます。

個人的にご連絡いたします。

ただしこれは完全に違法行為ですので責任は当記事では負いかねます。

失敗しない為に大事なこと

ファームで失敗しない為に大事なこと

私自身、多くの方からの御相談やファームの紹介をしてきて思ったのは皆さんお仕事をお探しになる中で私が強く持つべきだと思うのは働くご本人の意思です。

季節労働の種類、働く場所、ビザとお金の優先順位、英語、など本人が何をしたいかが重要です。

きっとこれって人生にも通じるものがあると思いますが、「とりあえずセカンドビザを取る」「お金を稼ぐ」だけとかですと、痛い目に遭います。

行ってみたら辛かった、あまり稼げなかった、部屋が、人間環境が、オーナーがなどなど。。。。。。

ちゃんと自分の中で何をしたくてファームに行くのか。

季節労働って間違いなく働く側から見たら、滅多にない経験をするわけでその中でブレない気持ちって大事になってくると思います。

なのでファームに行く方は自分の常識外、予想外の事について確実に対処する事そして『何』が必ず起きる事を踏まえた上でファームに行く事をお勧めします。

そしてお金的に大事なのが1日でも2ヶ月でも必ずフォームのサインは貰いましょう。1箇所でも2箇所でも必須!!

それとファームを移る時は必ず給料明細は必ず貰ってください。

タックスリターンに必要なので1セント単位で必ず書いて貰いましょう。後からのやり取りはほぼ無理だと思ってください。

ここら辺の事も普通の企業なら何も言われずとも支給されますが、田舎ではそうでも行かないので必ず声に出して請求する事をお勧めします。

セカンドビザの申請方法

セカンドビザの申請方法

それでは日数が足りましたら次は申請しましょう。

申請のやり方はここにいってください。

ビザの許可要件はファースト・ワーキングホリデービザと同じSubclass 417です。(Second Working Holiday visa (subclass 417)​)

学校は最長4か月。就業は同一雇用主の下では最長6か月までとなります。

セカンド・ワーキングホリデービザ申請条件

項目
条件内容
年齢
申請受理時点の年齢が18歳以上30歳以下であること
(出発時の年齢ではありません)
目的
オーストラリアで余暇を楽しむことが主な目的であること
健康状態 心身ともに健康であること
必要書類
政府指定地域にて最低3か月以上の季節労働に従事した証明書
申請場所
国内申請の場合
発給日まで国内にいること
国外申請の場合
発給日まで国外にいること
申請方法

現在、セカンドワーキングホリデーはオーストラリア国内、国外それぞれ申請することができ、主に以下の3つの方法があります。

帰国後、日本で申請する場合です。

1度目のワーキングホリデーが終了し、一度日本に帰国した後に、日本国内から二度目のワーキングホリデーを申請する方法です。

通常この方法であれば健康診断は求められません。

1度目のワーキングホリデービザ同様、入国時から1年間の滞在が認められます。

引き続き滞在し、オーストラリア国内で申請する場合です。

最初にワーキングホリデービザで入国した日から続けて滞在することができます。

2回目のワーキングホリデーというより、2年間のワーキングホリデービザと考えるほうが良いでしょう。

セカンドビザは他のビザから切り替えも可能です。これはすごく重要です。

学生ビザや観光ビザで入国後、現地でセカンドビザに切り替えることができ、ビザ発給後、1年間滞在することができます。

なので学生ビザで数年滞在した後にセカンドビザに切り替える事も可能です。

ファーストワーキングホリデービザ申請時と同様に、セカンドワーキングホリデーもインターネット、または書類申請となっていますが、インターネットでの申請が主流になっています。

オーストラリア移民局のセカンドワーキングホリデーページからの申込方法

オーストラリア移民局のセカンドワーキングホリデーの申請ページから行えます。

①http://www.border.gov.au/から申請画面へアクセスし、表示される項目に沿って回答していきます。

②申請後はオーストラリア移民局のオンラインサービスにて、ファーストワーキングホリデービザで作成したImmiAccountでログインしてステータスを確認して下さい。

基本的にはファーストワーキングホリデービザで申請した際と同じです。

書類
詳細
パスポート
滞在予定期間を満たす残存期間があること

eVisaの情報はパスポート番号に基づいて管理されているため、滞在期間中にパスポートを更新すると、オーストラリア移民局に変更内容を申告しなければなりません。

可能な限り、事前に更新することをお勧めします。

これは時間も労力もかかるので。

パスポート更新に関しては、最寄りの日本領事館までお問い合わせ下さい。

移民局との連絡は申請中に希望した方法(メール・FAX・郵送から選択)にて行われますが、メールでのやりとりがスムーズです。

連絡方法をメールに設定した場合、ビザの結果通知が、Eメールに送られてきます。

申請料 420豪ドル (2015年6月現在)
※支払はクレジットカード払いのみです
使用可能クレジットカード
VISA
MasterCard
JCB
Diners Club Internaional
American Express

以上が申請方法です。

この情報を活かしつつも…

今回は私の書ける範囲にてファームバイブルになればと思い書かせて頂きました。もちろん私が書いた事以外にファームではいろんな事が予想外に起きます。

人生と一緒で本当の正解などありません。我々、日本国民が好む食事の定番メニューや常識、普通とかという観点がないのがファームです。ここまで言うとあれですが穴がち間違いではありません。

当記事にて私の言っている事全てを鵜呑みにせず、ある程度参考になりながらその人それぞれのファームライフ、ワーホリライフを作っていってください。

The following two tabs change content below.
2012年にメルボルンに来てから、イベントを中心にワーキングホリデーや留学生の方への生活支援をしています。 困った事があればご相談ください。