オーストラリアワーホリで稼げる仕事はマイニングジョブ

稼げる街Karratha

僕は現在ワーキングホリデービザを使ってオーストラリアWestern Australia州Karrathaという街に住んでいます。

Karrathaはオージー(オーストラリア人)・キウイ(ニュージーランド人)の間では稼げる街として有名です。

数年単位で計画的に移住して家族総出でお金を貯めている人達が沢山います。

または、パースからFIFOで働いている人もいます。

FIFOとは、フライイン・フライアウトのことで、週間ぶっ続けで働いて1週間自宅のあるパースに戻るというシフトです。

何で稼げるのか。

Karrathaは天然資源の採掘が主な産業です。

「マイニングジョブ」と言えばピンと来る方もいると思います。

マイニングジョブとは天然資源の採掘に携わる仕事です。

現場で直接採掘に関わる人、採掘されたものを運ぶ人、運ばれたものに手を加える人。

また、採掘する前にはそこで作業できるように場所を整えます。

必要な建物を建設したり道具を持って来たりなどです。

そして、マイニングジョブに関わる人を雇うエージェント、仕事場まで送迎するドライバー、彼らの住む寮を清掃する人、寮で食事を作る人。

マイニングジョブと言っても色々な種類の仕事があります。

ファームより高時給で稼げます

給料の高い仕事

天然資源の採掘はかなりお金になるらしく、そのためマイニングジョブの給料は良いそうです。

また、セカンドビザの対象です。

現場で直接関わる人達の給料は、安くても時給45ドルほどです。

現場から離れる程給料が下がっていく感じです。

あと、時給の高い仕事はライセンスが必要だったりします。

オーストラリアへ、ワーホリで来た韓国人の友達はここでScaffoldというマイニングジョブの中では簡単なライセンスを取得し、今は時給46ドルで1日12時間、週5日働いています。

一番賃金が安いのは寮のハウスキーパー・キッチンハンドです。

それでも最低ラインが時給25ドル前後です。

場所によっては時給30ドルの所もあります。

また、週末は給料が上がります。

最低ラインで時給30ドル程だと思います。

ライセンスは必要ありません。

ただし、マイニングサイトを保有する会社の直営の寮はハウスキーピングもキッチンハンドもセカンドビザの対象ですが、直営でない寮はセカンドビザの対象外です。

僕は、この街でハウスキーパーとキッチンハンドを掛け持ちしています。

収入は税込みで週給2000ドル前後です。

よく、オーストラリアワーホリに関する記事やブログで「稼ぐならファーム!」みたいなのを見かけますが

「稼ぐならマイニングジョブ!」

だと僕は思います。絶対にファームより稼げます。

仕事も、意外とすぐに見つかります。

大都市でワーホリビザでローカルジョブを見つけるよりかは楽なはずです。

稼げる街Karrathaのデメリット

マイニングジョブ・Karrathaのデメリット

もちろん、メリットだけでなくデメリットもあります。

①「暑い」

日中は40度を超えます。

そんな中日陰もない所で1日中働きます。

水を8リットル持って行っても足りなかったと友達が言っていました。

かなりの重労働です。

僕はそれが嫌で、ホテルとレストランを掛け持ちする事にしました。

すでにセカンドビザの資格も持っていたのでマイニングサイトで働く必要がありませんでした。

②「物価が恐ろしく高い」

これだけ賃金が良く、街全体が潤っているとやっぱり物価も高いです。

スーパーに売られているものは東海岸より高いとオージーの人は言います。

バーでビールを注文すると一杯12ドルです。

カクテルは一杯22ドルです。

日本のファミレスなら1000円くらいで注文出来るステーキがこちらでは40ドルします。

Karrathaの人はみんなお金持ちです。

これだけ高くても躊躇せずに注文します。

一回の食事5人で500ドル以上使うなんて普通です。

また、自家用車とは別に自分の船を持っている人が多いです。

家賃はシングルルームで週200ドルが最低ラインです。

シェアルームだと週150ドル前後でしょう。

家に関してはシドニーと同じくらいです。

よく聞くのが、誰かが家を借りてそれでみんなでシェアするというものです。

台湾人、韓国人がそうやって一つの家に10人で住んだりして家賃を抑えています。

一戸建ての家を借りるのに安い家だと週500ドルくらいだと思います。

ただ、光熱費が恐ろしく高いです。

以前、7人のシェアハウスに住んでいた頃にオーナーに言われました。

「光熱費は月800ドルまでは我々が払う。超えた分はみんなで払ってくれ。」

800ドルは超えないだろうと思いましたが、実際はこまめに節電して毎月ギリギリでした。

本当に物価が高い。

これがKarrathaのデメリットです。

貯金するならマイニングジョブ

貯金するならマイニングジョブ

マイニングジョブを始めてすぐは、かなり大変だと思います。

ただ、その物価の高さを凌駕して賃金が良いのでかなり貯金できます。

実際に僕は半年で3万ドル貯まりました。

たかが部屋を掃除してキッチンで洗い物をするだけで。

賄いで食費がほとんどかからなかったというのも大きいと思いますが。

僕がオーストラリアにワーホリで来た目的は貯金なので、これからもここでビザの期限が切れるまでは働く予定です。

手っ取り早くお金を貯めたい方、マイニングジョブはいかがですか?

The following two tabs change content below.
ODA RYOTARO
現在ワーキングホリデーでオーストラリア2年目。WA州Karrathaに在住。学生時代に一人旅にハマる。今年12月から数年単位の長旅をする予定。その後はタンザニアにある大学でワイルドライフマネジメントを学び、将来的にはアフリカの国立保護区で働く予定です。「BLOG」を運営しています。