人生をとことん楽しむオーストラリア人

オーストラリア人はいつだって人生を楽しむ

彼らから学んだ、人生を200%楽しむ方法。

どうしてオーストラリア人はいつも笑顔なのか。

いつもHAPPYなのか。

どうしてこんなにも人生をとことん楽しむのか。

私はこの質問を何人ものオージー(オーストラリア人のことをこう呼ぶ)にした。

その質問の答えは人それぞれ異なるものだったが、明らかに私たち日本人とは“人生の考え方”が違うように感じたのだ。

これは、あくまで私がオーストラリアに3ヵ月ホームステイして感じたことであるが、現在の日本人に足りない“何か”を彼らから学ぶことが出来た様な気がする。

日本から飛行機で約10時間。

南半球にある大きな大きな国。ここはオーストラリア。

雄大な自然。

広い空。

澄んだ空気。

燦々と輝く太陽。

美しい虹。綺麗な星空。

天気が良い日はビール片手に楽しくお喋り。

週末は海や公園でシートをひいて、これまた楽しくお喋り。

そして家族で楽しくBBQ。

ああ、本当にここは日本と違う。全然違う。

一人一人が伸び伸びとしていて、人生を確実に楽しんで暮らしている。

好きなことは好き。嫌いなことは嫌い。

残業だいっきらい。完全なる個人主義。

時間にはルーズ。小さいことは全く気にしない、気にしない。

謝れば、ザッツオーケー!ドントウォーリー!気にしないで、いいよ、いいよ!

今日のことは今日考える。

明日のことは、もちろん明日考える。

だけど、ガイドブック片手に道で迷っていれば全力で助けてくれる。

知らない人にも気軽に声をかける。

ここまでフレンドリーな人間を今まで見たことがない。

動物は家族。動物保護のボランティア活動も盛んに行われている。

日常の時間もゆっくりと流れていて、彼らはおもいっきり自分の人生を楽しむ。

社会人になり、ある日ふと、もしかして私は仕事の為に生きているんじゃないのかな。

私は自分の人生を楽しむことが、本当にできているのかな。このままでいいのかな。

こんなことを考えている人、感じたことがある人は多少なりともいるのではないだろうか。

そんな私に、きっとこの大きな国の人たちは答えを与えてくれた。

それは“人生をとことん楽しむこと”

一度きりの人生、楽しまなくっちゃね。

オーストラリアで過ごした期間はたった3ヵ月と短いものだったが、この大きな国で出会った人、経験したこと、学んだことは、本当にたくさんあった様に思う。

わたしも彼らを見習って、明日からもう少し人生を楽しんで行こうかな。

The following two tabs change content below.
contributor
contributor
BoundtoBoundでは寄稿者を募集しています。 あなたの経験が、これから海外に飛び立つ方の力になるかも知れません。 お気軽にお問い合わせください。