382 views

メルボルンで仕事紹介をしていて感じること

メルボルンお仕事紹介

どうも。今日もメルボルンは曇ってます。

そんなメルボルンでmanahihiは今日もお仕事を紹介していますが、今日はお仕事を紹介していて思った事を書きますね。

僕はメルボルンでシティジョブやファームの紹介をしています。
日系のホームページに上げている求人情報、SNSを見てくれた方や、知人からの紹介などを通して毎日多くのお問い合わせを頂いております。

多くの方はメルボルンにきてローカルと働く事、英語環境と言う所を重視してお仕事探しをしながら自分の得意分野、やりたい職種などを目指してお仕事をお探しになっています。

周りでは僕のしている事を人の可能性を狭めているだの、実際に本当の意味では人の為になっていないだの言われる事もありますが基本的には皆さん、自分の力で探してもがいた上でお問い合わせが来ているんだと思っております。

その中で全く探す努力もして来なかったと見られる人にはまずは探してみて下さいと言っております。

なぜなら探す努力をして来なかった人は自分自身が何がやりたいかをわかっていない方が多く、そのなかでお仕事紹介してくださいと言われても少し困惑してしまいます。

『出来るだけ英語環境で時給が良い所でも英語は…….』

と言う方が多く見られますが、僕も紹介する側としてはなるべく遠慮させて頂いております。

なぜか?

そこにはなにも芯が見えないからです。芯がある人は自分の事も見えているので自分自身の生産価値が分かっているのです。

だから上記のような無茶な希望も言ってきませんし紹介もしやすいです。

自分が言葉の通じない異国の地で何ができるか、自分の能力と時間を対価にした上でのその人の価値が分かってるからです。

だからそういう人達は働いた先で一生懸命働きます。

そうじゃない人は紹介しても辛い、想像と違ったなどの理由ではやく辞めてしまう方が多いです。

もちろん全員がそうじゃないし、中にはそこからやりがいを見つけて長続きしていく子もいます。

仕事を探す上で自分が何がしてくて、何ができて、その中で現状ある選択肢の中から仕事を探す。

それさえ分かれば海外でのお仕事探しで、たくさんある情報の中から迷う事も、時間の無駄をする事も、無くなって来ると思います。

そうすればおのずと海外、メルボルンに来て有意義なワーキングホリデーライフをお過ごしになれると思います。

って肝心の私、仕事無いんですが…….ヨホホホホホホ!!!!

The following two tabs change content below.
2012年にメルボルンに来てから、イベントを中心にワーキングホリデーや留学生の方への生活支援をしています。 困った事があればご相談ください。