海外でパスポートは持ち歩くな

クラブ

海外にワーキングホリデーや留学に来ている皆様。

海外のクラブやバーにカバンとか持って行きますか??

僕は持って行きません。基本的に財布とタバコと携帯です。無くしたら不安だし、メルボルンのバーやクラブは楽しいからなるべく軽装で出かけたい。

でもメルボルンに来た当時は違いました。常にどこ行くにも一緒でポケットだと少しはみ出てしまい落ちないか心配しながらパスポートを持ち歩いていました。たまに国際免許書も持って歩いてましたがこれもまた大きく、持ち歩きには向いてません。

法律上メルボルンのクラブでは学生証やパスポートのコピーなどは通じず、VICTORIA州の運転免許書かパスポート、もしくはKye Pass card が有効です。

パスポートは盗まれたりすると犯罪等に巻き込まれる可能性だったり、再発行の手間を考えれば持ち運びには不向きです。そこでワーキングホリデーや留学生の皆様に推奨するのはKey pass Card と 運転免許書です。

Kye pass cardとは?

Kye pass card とはVICTORIA州限定でやっていて運転免許が無くても所定の書類(銀行口座、住所証明など)を提出するとカードサイズの身分証明書を発行してくれます。ただし不便なのはメルボルンのあるVICTORIA州でしか原則使えません。ただし、メルボルンだけでと考えているなら運転免許書よりも安価で手間も少ないのがメリットです。

下記のURLを参考にしてください。詳しい取得方法が載っています。
詳細→http://auspost.com.au/travel-id/keypass-identity-card.html

オーストラリアンライセンス

pass port

僕はメルボルンに来るワーキングホリデー及び留学生の方にはこの運転免許書をオススメしています。
なんと言っても免許書は政府公認の身分証明書となり、メルボルンだけではなくどこの都市でも使えます。実はこれは期限が切れない限りは世界で使えます。

なぜでしょう?

なぜなら当たり前ですが、英語だからです。これは世界共通言語の英語での身分証をゲットするチャンスですね。

しかもアメリカやカナダとは違い、オーストラリアは日本と同じ左車線右ハンドル社会で交通ルールもほぼ日本と同じなのでオーストラリアライセンスを取るときは実地や筆記のテス無しで所定の書類のみで免許が取れます。

それではメルボルンでのライセンス取得方法です。

必要な物

日本のライセンス、大使館でのライセンスの翻訳、現住所の証明(銀行で住所が載ってる本人の口座証明は1番早いです)、申請料(3年と10年)があります。

詳細→https://www.vicroads.vic.gov.au/

上記のものを揃えれば後は英語でVIC ROADS(VICTORIA州の陸運局) に電話するかオンラインでの予約になります。
これは英語の勉強だと思い、メモとペンを用意して一気に攻めよう!!

予約が完了したら、当日に係りの人に言われた通りに申請すれば5営業日以内に免許が届きます。
当日の注意点は免許の写真を当日に取るので多少、小綺麗にして行きましょう。(僕はボサボサ頭で行ったので。。。。。。)

5営業日後に晴れて免許書ゲットです。

これでクラブもバーもお出かけする時も安心ですし、海外でも身分証で困ることはありません。

皆さんもどうですか??免許書って書いてた、、、、、証でしたね。ヨホホホホホホホホ

The following two tabs change content below.
2012年にメルボルンに来てから、イベントを中心にワーキングホリデーや留学生の方への生活支援をしています。 困った事があればご相談ください。