ワーホリに行こうか悩んでいる人へ

ワーホリの目的とバンクーバーを選んだ理由

はじめまして、2014年12月15日よりワーホリでバンクーバーに来ているyoshiと言います。

カフェオープンを夢見てバンクーバーに来ているカフェ好き男です。

今回、ワーホリに行こうか悩んでいる人の不安を少しでも無くしたいのでこれを書きました。

僕がワーホリに行くと決めてから感じた事、言われた事。

僕の夢はカフェを出す事。2020年東京オリンピックが決まり、確実に海外から多くの外国人が来る。

その人達にちゃんとした英語でおもてなしをしたい。日本のこのカフェ良かったなと思って貰うことで、日本に良い印象を持ってもらって自国に帰ってほしい。

だからワーホリの目的はカフェの勉強をすること、英語を勉強すること、感性を豊かにすること、でした。

初めはシアトルが良いなと思ったんですが、シアトルにはワーホリビザがなく、残念な思いをしていた時に見つけたのがバンクーバーでした。バンクーバーでワーホリしようとしたきっかけは、気候も治安も、カフェも沢山逢って、僕にとって最高の場所だと思ったからです。

ただ、バンクーバーに行く話をすると、言われた事。

「何で行くの?」「寒いでしょ?」でした。

友人であってもバンクーバーに興味のない人からしたら、それくらいの知識です。僕も調べるまでバンクーバーは寒いと思っていましたし。

でもこれが他人ならまだしも逢う友人、逢う友人に言われると結構凹みます。

だからこそ、友人や親になぜ行くのか聞かれた時に、胸を張って言える目的を持つ事は本当に大切ですね。もちろん親に口に出して言えない目標、例えば海外で彼氏作りたいから!ってのが目標でも良いと思います。

使い古された言葉ではあるけど、何をしたいか!が大事なんですよね。出発前から心を折られないためにも。

ワーホリにどのくらいお金がかかるのか不安

ワーホリにかかるお金のこと

目標と行く場所が決まって、次に心を折ってくるのが、お金ですね。

調べれば調べる程、ワーホリってお金かかるんだと錯覚してしまいます。

お金持ちの人ならともかく、ワーホリに行く僕ら若者にとって数百万円ってかなり大きなお金で、本当に心を折られそうになります。

でもお金のことだけでワーホリを諦めようとしている人がいるなら、ちょっと待って下さい!といいたい。

海外への希望、あなたの情熱を捨てないで。

本当にワーホリに行きたいなら実は数百万なくても行けるんです。飛行機代や保険を含めても50万円あれば大丈夫です。

ところで、こういうギリギリのお金でワーホリに行く事をギリホリというらしいですが、僕はこの言葉が嫌いです。

なんか凄く危険な匂い、無茶な人がやってるイメージがあるからです。でも実際はそうではない。

やりたいことが違うだけだ!ってことをこれを読んでいる人に知ってほしいのです。

仮に、学校も遠くへの旅行も行く予定が無いのなら、50万円あれば本当に充分です。

不安になりそうになったときは、例えば、東京で新しい生活を始めるにはどうするか考えてください。実際ほとんどの事がバンクーバーにも当てはまります。

海外でちゃんと仕事は見つかるのか

バンクーバーで仕事は見つかるの?

最後に心を折られそうになるのが、仕事を見つけられるのかなってことです。

海外だし、英語もろくにできないし大丈夫かなって、僕もどっかで思ってました。

でも実際は仕事についても働く気さえあればバンクーバーには日本食レストラン等沢山あるので絶対1ヵ月以上仕事が見つからないなんて、ほんとに一部の人を除いてありえないです。

なのに、あたかもなぜかバンクーバーということだけで仕事を決めるのは難しいと紹介しているサイトのなんと多い事か。

騙されないでください。あなたは東京で新しく生活を送る感覚でバンクーバーに来ればいいのです。情熱を持って絶対ここで生活してやるんだって人を雇わない人なんていないはずです。

ましてや1年間も働けるビザがあるということは、それ自身が強みであることを理解していてください。

これも日本で同じ状況で考えればわかりやすいですが、後半年しか働けない人と、1年働ける人ならどっちを採用しますか?もちろん後者ですよね。このあたりを語学学校を進めている業者は濁すはずです。

でも実際6カ月語学学校行ったあと、仕事を探そうとして、後半年しかビザが無いなら無理だねと言われる人がなんと多い事か。

今からワーホリをする人にこんな状況になってほしくないです。だってワーホリは唯一資格が無くても、技術が無くても、英語力が無くても海外で働く事ができるビザなのですから。

一度は働くと言う事を経験しないと凄く勿体ないと僕は思います。

英語ができなくても日本人は海外で働ける

英語ができなくても日本人は海外で働ける

そしてこれは僕の経験談。僕は日本にいる時スターバックスで働いていた事もあり、英語がほとんどできないにも関わらずバンクーバーのスターバックスで働かさせて頂いています。

ここで感じる事。仕事をするにあたって日本人で有ると言うこと自体が強みなのです。

僕たちは知らず知らずのうちに、仕事には必ず遅刻しない事、一生懸命働く事を親や友達から学んできたのです。この勤勉さは本当に強みです。実際うちの店長も日本人大好きです。
  
だからもし色んなサイトを見て不安になっているとしたら、そんなことない、自信持ってください。

あなたも絶対、海外で働ける。もちろん失敗も沢山する。僕も英語ができないことでお客さんからひどいことを言われた事も多々ある。悔しい想いも沢山する。

でも楽しいことも沢山経験できる。そして絶対に多くの事を、得る事が出来る。

だからお金や、友人や親の評価や、仕事への不安などは無くしてほしい。
 
そして最後に、これも僕の経験談。

僕がこのスタバで働けているのも、その前にワーホリできた日本人の人がとても良く働く人だったからです。

海外にいると自分の行動が、日本人への印象へと直結するのです。

だからこそ僕も今ここで懸命に働いてます。

逢う事はないかもしれないけど、僕の評価を上げることで、日本人への印象をさらによくして、ここで働ける日本人の人が1人でも増える様に。貴重でかけがえのない経験をできるように。

だから何度も言いますが、余計な不安を捨てて、海外に飛び出してください。

あなたが持っている希望、情熱を思う存分海外で発揮してください。

あっ、もちろん英語の勉強は大事だよ。まっ、でも来ないとやる気にならないしね。

行きたいと思った時が行く時!

今これを読んでワーホリ行きたいと思ってくれたなら凄く嬉しいです。

以上。

The following two tabs change content below.
contributor
BoundtoBoundでは寄稿者を募集しています。 あなたの経験が、これから海外に飛び立つ方の力になるかも知れません。 お気軽にお問い合わせください。