お金の管理は海外旅行で最も注意すべきこと

お金の管理は海外旅行で最も注意すべきこと

海外旅行をする際、もっとも日本人が注意しなければならないこと。

それは、お金を始めとした貴重品の管理だと思う。

ここで、お金を始めとした貴重品の管理について私が気をつけた事について書いていく。

①まずは気持ちをしっかり引き締める。

海外旅行や海外生活をする際、当たり前かもしれないが、ここは日本ではない。

そして自分は日本人だ、と自分が思う以上に気をつけた方がいいと何度も何度も言われた。

確かに充分に注意していても、例えばカフェやレストランで食事をしている時、なんとなく道ばたでスマホをいじっている時、写真を撮っている時、買い物をしている時など、ふと気を抜いてしまう瞬間がある。

良く聞くのが、海外に滞在して数日が経った時、自分は大丈夫だからと気を抜いてしまう時。

そんな時によく、お金や貴重品を取られちゃった・・・となる場合がある。

海外に慣れて安心した時が一番危ない。

まずは自分の気をしっかり引き締めることだと思う。

②大金はぜったいに持ち歩かない。

日本でも大金を持ち歩く人は中々居ないと思うが、海外ではぜったいに持ち歩かないこと。

私は、お金は3000円・多くても5000円位に抑えて持ち歩く様にした。

さらに、海外ではほぼ100パーセントまではいかないが、なるべくカードを利用し、手持ちでお金を持ち歩くことは控えるようにした。

そして、財布は100均で購入したチェーンで鞄とつなげる様に自分なりに工夫した。

③いざと言う時の為に!お金は分散して管理する様にしよう。

いざという時の為に、お金の管理場所は最低2つ、または3つ持つ。

もちろん3つ以上あっても良いと思う。

多ければ多いほど良い。

もし、財布が盗まれたら、カードが盗まれたら。

そんな時の為に、お金はなるべく分散してもつようにした。

カードは主に使うカードと、いざという時の為にもう一つもっていくようにした。

私は(キャッシュパスポート)を利用し、1枚盗まれてもサブカードで対応できる様に備えた。

そして、現金もなるべく分散して持つようにした。

財布、ポーチの中、キャリーバックの下着入れの中など、え??ここに入れる?など自分でも笑ってしまう位徹底していたと思う。

また、鞄もチャック付きでなるべくお腹の方に抱える、レストランでは邪魔かもしれないが、人混みが多いレストランではお腹に抱えて食事。

人によってお金の管理は様々ですが、備えあれば憂いなし。

良かった良かった♪と帰国後に安心することが一番だと思う。

The following two tabs change content below.
contributor
BoundtoBoundでは寄稿者を募集しています。 あなたの経験が、これから海外に飛び立つ方の力になるかも知れません。 お気軽にお問い合わせください。