旅にはどの程度の計画性が必要なのか

旅にはどの程度の計画性が必要なのか

出発前から細かいところまで決めてしまうとフレキシブルに動けなくなってしまうし、何も決めないというのも不安が残る。

僕はその場その場で面白いと思った事をするのが旅だと思っているので殆ど何も決めずに旅をすることが多い。

とはいえ、毎度上手くいくとは限らず、宿の目安や到着時間くらいは決めておかないとグダグダになることもあるということを、ちょうど本日学んだところだ。

今回は、移動費も宿の目安も到着時間も何も決めずにとある島を訪れたのだが、如何にグダグダしているかを記していきたいと思う。

ペナン島からランカウィー島へ(ぐだぐだ)

ペナン島からランカウィー島へ

まずは移動について。

ペナン島からランカウィー島まではフェリーが出ているが60リンギットかかるということで、無料のフェリーに乗り一度バタワースに戻り、アロウスターまでバスで移動し、そこからランカウィー島にフェリーで向かうことにした。

しかし、改めて考えてみると、バタワースからアロウスターまでのバス代に11リンギットかかり、さらにアロウスターからフェリー乗り場までのタクシー代に20リンギット(2人で割ったので1人10リンギット)かかり、ランカウィー島までのフェリー代に23リンギットかかった。

計44リンギット。ペナン島からフェリーで直接向かうのと大差ない金額になった。

しかも、移動に4時間以上かかってしまい、疲労も蓄積した。

次に到着時間と宿探し。。

最終のフェリーが18:30だったことも把握していなかったが、なんとかギリギリ間に合いフェリーに乗れたはいいが、島に着いたのは20:00で、あたりは暗くなっていた。

とは言っても、まだWi-Fiの使えるファストフード店は開いていただろうから、一度お店に入ってWi-Fiを使って宿を探す手もあったのだが、車で旅するのも面白そうだなと、近くのレンタカー会社で車を借りることにした。

安い宿の集まってそうな場所を聞いてとりあえず出発。

出発して直ぐにお腹が空いてしまったので飲食店に入り夕飯を済まし、従業員の方々に安い宿を聞いたが良さそうなところは見つからず…。

途方に暮れていると、お店に泊まっていいよと言ってくれた。シャワーも自由に使っていいとも言ってくれて助かった。感謝。到着早々、Facebookを交換したり、宗教やランカウィー島のことを教えてもらったり良い関係を築けた。

とりあえず、煙草や水などを買いに一度お店を離れたが、運転中にガソリンが切れそうになる。

近くにガソリンスタンドも見つからず、焦り始めたところで明かりのついている住宅にガソリンスタンドの場所を聞きに行ったら高校生くらいの息子さんがバイクで案内をしてくれた。

ガソリンスタンドに到着したら、お礼も言わせず颯爽と消えていった。格好いい。

さて、買い物をして帰ろうと空港近くに車を停めたら…今度は鍵が折れた!!!

幸い空港だったので公衆電話でレンタカー会社に電話をしようとしたところ、何故か使えない…。

警備員の方も協力してくれたがやはり使えず、近くのホテルで電話を借りるといいよと教えてくれたのでホテルへ向かう。

ホテルのフロントの方も、親切に対応をしてくれてレンタカー会社に連絡が付き、レンタカー会社のスタッフも直ぐに来てくれるというので一安心。

レンタカー会社のスタッフが到着するまでホテルのロビーで待っていていいよと言ってくれたので、お言葉に甘えさせて頂き、合流するもスペアキーを持ってきていないので一度会社に戻るという(なんでやねん)

30分で戻ってくると言っていたので空港前で待つことになったが、一時間経っても帰ってこない…。

果たして彼は戻って来てくれるのだろうか。笑

それでも僕は何も決めない

それでも僕は何も決めない

と、このように何も計画せずに旅をすると思わぬ出会いに感動を覚えることもあるが、同時に物凄く疲れるし、出費がかさんでしまう事もある。

実際にこれまで、計画性のない旅をする度に新しい出会いがあり、友達として長い付き合いを築くことの出来たことも多々あるし、運命的な出会いでビジネスで関わったこともある。

直感で動く旅の面白さに、慣れ過ぎていたのかもしれない。

時にはこんなふうに、負のスパイラルに陥ってしまうこともあるだろう。

それでも、年に数回しか出来ない旅なのだから、そんな時くらいは無計画で楽しみたいものだとこの状況になっても思っている。

ということで…

まぁ、たまにはこいうのも良いかなと思いながら、レンタカー屋のスタッフがスペアキーを持ってきてくれるのを待つあいだずっと、蚊に刺され続けています。

深夜二時のランカウィー島。

明日は何しようかなー。

The following two tabs change content below.
MOMOSE KOUDAI
DirectorBound to Bound
WEB制作・飲食店・シェアハウス等を経営・運営中。2012年4月から2013年3月までカナダ・トロントで生活をしていました。2015年1月より、オーストラリア→東南アジアで生活中。