423 views

大人になってから世界一周行った方がいいんじゃなかろーか?

雨の中の飛行機

結論:結局「大人」の定義も人それぞれだから、行きたい時に勝手に行けよになるんだが。

世界一周という響きがなんだか甘酸っぱい青春くささがしてなんだか嫌いな梶原純です。

たまたま行きたいところをピックアップしたら、ぐるっと一周回った方が経済的且つ効率的なので世界一周になりましたが、なんか恥ずかしい。

まぁやってること一緒なんで、客観的に見たら変わらないんだけどね笑

南米の旅を終えて今はロンドンにいるんだが、世界一周に関して思っていることを。。。

いや、世界一周をする人に関して抱く感情か。

情報集めに「世界一周やろうぜ」的なイベントにも顔を出したのですが・・・いまいちピンとこなかったというのが本音です。

てか、俺そんな絶景には興味がない笑

そして、旅行中の武勇伝にも興味がない。。

旅をしてみて、バックパッカーという人種が余り好きではないことに気づきはじめました。

いや、うっすら思っていたことが確信になったと言う方が正確でしょうか。

始末をつけた人と、つけてない人

ロンドンにある建物

旅をしていて、殊日本人と接すると、「始末をつけた人と、つけてない人の違い」
が明確にわかります。

ざっくり類型化すると、

1、「何かのタイミングが合って、人生のつなぎの地点で旅をしている人(ワーホリ終わり・転職の合間」

2、旅をマネタイズする人

3、「なにも考えずにお金が貯まって、以前から行きたくて!」という人。

4、自分探し系の休学をしての学生たち。

5、もう上がった人(リアタイアして人生に始末が着いた人)

6、その他(まだ遭遇したことない)

別にどれでもいいんだが、個人的には「2」「3」と「4」の人と話していると、不毛感が否めない。

片道航空券だけで、路上ライブで生活する日本の若者に・・・この一ヶ月で4人も出会えた。

これは「2」に該当するのかもしらんけど、スケールする可能性がないので結局は「3」でしょ。

いや、ビッグになるかもしれないよ。知らんけどさ。

というか、本気で日本の将来が心配になる。

先日、日本初の休学コンサルティングサービスなるものがリリースされていたが・・・。

大丈夫か日本?

案の定、世界一周のコンサルティングサービスもあるよ笑

途中ではあるが、たぶん旅をしても僕の価値観は変わらないでしょう。

もちろん自分探しなんて毎日と真摯に向合ってするものであって、旅じゃあできない。

「3」や「4」の人と話していて思うのが、圧倒的な薄っぺらさ。

何がどうとか例を挙げたらキリがないくらいに圧倒的に薄っぺらい。

普通に話しをしている分には楽しくて、情報を共有できて、イイ人が多いんだが、絶対に一緒に仕事はできない。

この薄っぺらさはどこからくるんだろう?

と思って考えてたんだが、「今までの自分に始末をつけていないので、何が重要なのか、何のために旅をしているのかがよくわからない」に尽きる。

旅を通じて探そうとしている感じね。

価値観がブレブレなんだよね。

お金と時間の価値観

ヘンリ8世の鎧

例えば、南米の長距離バス。

20時間とかの深夜バスをいくつも乗継いで、リマ→クスコ→ボリビア→ウユニ→サンティアゴを乗継いで、どのバスが安いかとかブログに書いてあるけど、全部で100時間近い行程も、

飛行機なら10時間以内に納まるぞ?

経験のために長距離バスに乗るのはいいけど、3万日しか生きられない貴重な時間を、単純な移動のために使うの?

今日行ったロンドン塔は入場が30ポンドで、音声ガイダンスが5ポンド。

昼飯10ポンドって合わせたら、45ポンド=8300円。

うーん2・3時間でこれは安くはないな。。。

でも、せっかくヨーロッパに来ているのに、カトリックを脱してピューリタンに舵を切る元凶になったヘンリ8世と、アン・ブーリンの処刑場を見なくていいの?

歴史に「たら・れば」はないけど、ヘンリ8世が再婚しようとしなきゃピューリタン革命もないし、そもそも今のイギリスがあったかどうかすら・・・。

入場料が高いからその博物館や遺跡を目にしないの?

なるほど、個人の価値観か。

その価値観を超越するものがあるからこそ、普遍的な世界遺産になってるんだよ?

21世紀の日本という恵まれた国に生まれたら、もう世界を知る義務すらあると思っています。

こういったお金と時間の価値観だけでなく、色々と突っ込みどころが満載すぎる。

もちろん、彼らから得た情報によって僕の旅もすごく助けられているので、批判という意味ではなく、僭越ながら愛情から来る助言というか。。。

もし世界一周したいと相談されたら

空港の中

大学など、親のすねをかじる環境を卒業し、ビジネスなどで挑戦をして、お金も心も余裕がある状況で旅に出ると、また見えてくる世界や経験もぐっと上がってくると思うよ。

なので、もしこの旅を終えて、世界一周したいんですが、と相談されたら。

For学生

辞めなさい。
留学などに伴う休学ならばまだいいでしょう。
時間のあるうちに世界を見たい?春休みや夏休みなどに、バイトや、サークルの合宿を断って行けばいいだけでしょう。

遊ぶときは遊んで、けじめのために休学してまた遊ぶんじゃ意味がない。

※ 語学も堪能で、ご両親が費用を出してくださったり、なにか強烈な目的意識があって行くんならいいんじゃないでしょうか。

For社会人

大いに行ったらいいと思います。これから定年も長引き、2つのキャリアを生きる時代が始まるとか言ってますのでね。
ただ、conecting the dotsじゃないですが、布石は必要だと思います。
次をどうするのかをおぼろげながら考えずに旅に出ても何もならないと僕は思ってます。

自分なんて探しも見つからないので、ただの息抜きでもなんでもいいですが

1、 期限を設けること
2、経験>時間> お金というスタンスで臨むこと
3、 今やっていることが本当に納得いくレベルでけじめがついたのか?

この3点を意識されて行くといんじゃないかなーと。

まぁ、旅をしない人からすれば、どっちもどっちなんでしょうがね笑

なんだか、今日はバックパッカーの子にエールを送る記事になってしまいましたね。

[こちらのブログより寄稿していただきました。]
The following two tabs change content below.
contributor
contributor
BoundtoBoundでは寄稿者を募集しています。 あなたの経験が、これから海外に飛び立つ方の力になるかも知れません。 お気軽にお問い合わせください。