おすすめはアパートメントホテル

おすすめは?ドイツのホテル形態について

今回は、ドイツのホテルについて、お話しします。

私が今までドイツの旅行の中で経験したホテルは、アパートメントホテル、家族経営のホテル、ビジネスホテル、三つ星~五つ星ホテルといった様々な形態のホテルです。

日本で経験したことが無かったアパートメントホテル(Feirenwohnung)に泊まった時の感動は、今でも忘れられません。

自分のニーズにあっていたのもありますが、自分の家の様な疑似体験ができるのも、アパートメントホテルの良さだと思います。

私の泊まったアパートメントホテルは、オーナーが2階に住んでいて、わからないことがあると何でも教えてくれて、とても親切な方でした。

絵画収集が趣味のオーナーで、自分のプライベートの部屋にまで招待してくれて、絵画を見せてくれました。

自分の趣味とたまたまあう方と巡り会えたので、絵について色々お話しできたのも、楽しかったです。

さらに、アパートメントホテルだと、寝室・風呂、居間以外に台所もついているので、自分達で好きなように調理できるのも良かったです。

部屋の台所には、塩、コショウやコンソメなど、基本的な調味料、調理器具、お皿などもちゃんと置いてありました。

私の楽しみ方は、その地域にあるスーパーに行って、その地域でしか手に入らないソーセージやビールなどを試すのが好きです。

他には、バルコニーが付いているアパートメントホテルもあって、ゆっくりお茶を飲みながらバルコニーで陽にあたりながら、くつろげるのもいいです。

様々なドイツのホテル形態について

様々なドイツのホテル形態について

他のホテルですと、5つ星ホテルは、やはり、部屋も綺麗ですし、ボーイがチェックインの時に丁寧に「荷物を持ちましょうか?」と来てくれたりして、(もちろん利用した際は、チップを払うことになります)サービスが良いです。

立地が良い所も多いですよね。たまにホテル内に日本食レストランも入っていて、ドイツの旅行に来て、日本食が恋しくなった人には、おすすめですね。

家族経営のホテルは、アットホームな感じで、部屋数が少ない所が多い為、こじんまりとしていて、夜は静かで、くつろげます。

三つ星などのホテルと比較すると、宿泊料金もそんなに高くなく、併設しているレストランが美味しい所もありました。各経営者の個性が発揮される所を随所に感じられます。

まだドイツで唯一、経験していないのは、ドミトリータイプのホテルです。

ドミトリータイプの場合は、ユースホステルといわれており、部屋を共用する相部屋となっています。

値段は、1泊20€位からと手ごろで、風呂、トイレが共同になっています。

4人から8人くらいの宿泊者が同じ部屋で眠ります。各宿泊者にベット、寝具は用意されています。

中には、男女共同の場合もあります。格安旅行好きの人におすすめです。ドイツの中では、若い観光客が利用することが多いようです。やはり手ごろな値段が人気な理由のようです。

ドイツのホテルは、個性豊かなホテルが沢山あり、旅行の楽しみの一つでもあります。いつか、機会があれば、ドミトリータイプのホテルも試すことができたらいいなと思っています。

The following two tabs change content below.
ワーキングホリデーで来日していたドイツ人の夫と出逢い、国際結婚。ドイツでの生活を発信しています。ブログも更新しています。