375 views

VHSとは?

VHSとは?

私が日本からドイツに来て間もない頃、ドイツ語を取得する為に、利用したVHS。

そのVHSとは「何か?」ということで、自分の経験をもとに説明、ご紹介したいと思います。

・VHSとは・・・ドイツにおける市民の為の学校です。

VHSは、公立の学校やその地域にある建物を使ってコースを開いています。

その地域に暮らしている一般市民なら、誰でもコースを教えることができますし、コースを受講できます。

(ただし、コースが認定されるためには、講師は一定の能力があることを証明しなければなりません。)

その他には、市からの補助金もあります。

講師は、プロと認定されていませんので、受講料も比較的安めの設定になっています。

どんなことを学べるのか?

どんなことを学べるのか?

VHSでは、色んなコースがあります。

おおまかに分けて、健康、言語、文化、経済などがあります。

健康がテーマのコースでは、ドイツで人気があるのは、ヨガやズンバです。

他には、ダンスコースやフィットネスコースもあります。

各国の料理コースなどもあります。

言語では、ドイツ語を始め、イタリア語やスペイン語、フランス語、英語、日本語、トルコ語、中国語などがあります。

言語の幅が広いです。

文化では、音楽コース、カメラコース、 陶芸コース、手芸コース、絵画コース、洋裁コースなどがあります。

経済では、哲学コース、政治コース、宗教コースなどがあります。

他には、老人用のコースや手話のコース、パソコンコース、職業訓練用のコースなどもあります。

それぞれ興味のある分野を選択できます。

受講料は、一人いくら位?

コースによって、受講料は、変わります。

また、学生だった場合は、割引もされます。

職業訓練生(Azubi)でも可能です。

私の習ったドイツ語コースは一人、1か月で100 €(ユーロ)位からでした。

(生活保護者も中にはいました)

絵画コースは、一人12回分で48€です。

(その時の人数によって変動有り)

人数は?

VHSでは、申し込み人数が7人以上にならないとコースを開くことができません。

人数は、大体、7名から20名位のコースが多いです。

残念なことに、私は、申し込んでいたドイツ語コースが、参加者が足りず、習えないという結果になってしまったことが2回程ありました。

習ったコースは?

習ったコースは?

私がVHSで、受講したことのあるコースは、ドイツ語コース、絵画コースです。

ドイツ語コースは、半年程通いました。

その内、3回程、夏休み・秋休み・冬休みがありました。

生徒数は、始めは20人位いましたが、徐々にやめていき、最終的に最後の試験を受験したのは、8名でした。

コースは、週4日あって、水曜日と土、日曜日が休みだったので、コースとしては通いやすかったです。

時間は、朝9時から始まり12時で終わりでした。

場所は、地域のVHSでした。

絵画コースは、週一度だけで、夜の19時~21時の時間で習っていました。

場所は、民間の学校で開催していました。

受講している人達は、どんな人達?

ドイツ語コースの場合は、仕事をしたくて引っ越してきたポーランド人や、戦争で移動してきたアフガニスタン人、親戚が住んでいるからと呼ばれてきたトルコ人、家族で仕事の為に引っ越してきたルーマニア人、仕事で来た独身のアフリカ人、結婚してドイツにきたフィリピン人、ワーキングホリデービザでベビーシッターをしながら暮らしている中国人がいました。

その中に日本で結婚してからドイツに引っ越してきた日本人の私です。

先生が明るい方で、日本文化を好んでくれる方だったので、とても学びやすかったです。

休憩時間はサッカーやバレーボールをして、楽しかったです。

途中、私以外の生徒と先生が喧嘩?みたいなこともありましたが、止めに入ったり、先生を慰めたりと、今では、いい思い出です。

絵画コースの場合は、私以外は、ほぼドイツ人で、中にはフランス人の方もいました。

先生はドイツ人で、とても親切でした。

一緒にコースを受講している方々も親切で、絵についていい刺激を受けています。

やはり絵の感性が違うのは、面白いと勉強になりました。

ドイツ市民のためのリーズナブルな学校で勉強を

ドイツ市民のためのリーズナブルな学校で勉強を

VHSは、地域の住民として、生活しているなら誰でも受講できます。

そして、値段もリーズナブルなので、自分の生活をさらに豊かにしたい方や、言語を取得したい方などにお勧めです。

もし、ドイツ語を勉強したいけれど、そんなにお金はかけられないという方には、VHSでドイツ語を勉強することをおすすめします。

先生はそれなりに経験がある方ですし、私の場合は初級でしたが、丁寧に教えてくれました。

ちゃんとしたプロの講師から学ぶ場合は、プライベートの学校でもレッスンを受けることができますので、色々ご検討されてみてください。

The following two tabs change content below.
ワーキングホリデーで来日していたドイツ人の夫と出逢い、国際結婚。ドイツでの生活を発信しています。ブログも更新しています。