353 views

事前にチェック!アイルランド渡航前にも結構お金がかかるんです!

事前にチェック!アイルランド渡航前にも結構お金がかかるんです!

ワーホリや語学留学をする時に避けて通れないのがお金の問題ですよね。アイルランドは物価が高く滞在中は何かとお金が必要ですが、実は渡航前にも結構お金がかかるんです。

今回は出発前に支払が必要な費用をまとめました!

※私が実際に払った金額をもとに一般的な費用を紹介しています。

ワーキングホリデーの費用は!?

ワーキングホリデーの費用は!?

・英文の卒業証明書(200円~400円くらい)

ワーホリビザ申請時に使います。料金は学校によって異なるので出身校に確認しましょう。郵送してもらう場合は日数がかかるので注意。


・レターパック(510円)

ワーホリビザ申請時に使います。


・残高証明(500円くらい)

ワーホリビザ申請時に使います。銀行によって料金は異なります。


・医療保険への加入(15万円くらい)

私はAIUの海外留学用保険の12か月で13万円くらい払いました。プランや期間によって金額は異なります。


・航空券

片道7万円~(東京→ダブリン)

往復13万円~35万円(東京⇔ダブリン)

ワーホリの場合は片道航空券でも大丈夫です。運賃は時期によって大きく異なるので行きを安く買えても帰りの便は高くなることもあるので注意。往復航空券を買う場合は必ず帰りの日付を変更できるものを。個人的には片道航空券のほうがおすすめ。


・授業料(4万円~)

ワーキングホリデーの場合は語学学校に通う必要はありません。ただ最初の数週間ほど通ってみて英語に慣れたり友だちを作ったりするのもいいかと思います。

合計:約20万円以上

語学留学のほうが高めです

語学留学のほうが高めです

授業料の満額支払いが必要で航空券も基本的には往復で買わなければいけないので出発前に払う費用はワーホリより高いです。

・授業料(30万円~)

学校によって金額は大きく違いますが、ダブリンの場合6か月2000ユーロを切ると安いほうです。授業料の払い込みは必ず事前に済ませ、出国時までに入学許可証とアイルランドでの住所がわかるレターが手元にある必要があります。どちらも語学学校から送られます。


・健康保険への加入(3万円もしくは15万円ほど)

日本の保険に加入する場合は「留学保険」が対象になるかと思います。病院の受診やホームステイ先の物を壊してしまった場合や身の回りの物が盗難にあった場合もカバーされます。この場合の値段はプランにもよりますが15万円ほど。

保険料を安く抑えたい場合は、語学学校で一緒に売っている健康保険に申し込む方法もあります。この場合の保険はアイルランドの現地の保険になるため対応はすべて英語で、カバー範囲もあまり多くありません。

健康保険なので盗難、紛失や飛行機の遅延等はもちろん含まれていません。ただ料金は格安で150ユーロ、もしくはキャンペーンで学校側が全額負担という場合もあります。学生ビザを取得するためには保険への加入が必須のため「保険内容は気にしないのでとにかく費用を安く」という場合はこれでもいいのかもしれません。


・航空券

往復13万円~(東京⇔ダブリン)

学外ビザの場合は往復航空券が基本的には必要です。(実際は行きの航空券だけ買ってくる人もいますが)

合計:約45万円以上

航空券、保険、授業料はいろいろと比較すればもっと安くできる場合もあります。出発時には予算がほとんど残っていない、ということにならないように、事前に確認しておきましょう!

The following two tabs change content below.
contributor
contributor
BoundtoBoundでは寄稿者を募集しています。 あなたの経験が、これから海外に飛び立つ方の力になるかも知れません。 お気軽にお問い合わせください。