400 views

驚き!駅に改札がない!

駅の様子_入口付近

私がオラダに来て初めて電車に乗ったとき本当に驚きました。

オランダの地に降り立ち、待っていてくれた彼と空港から電車に乗り、彼の家まで向った際のことです。

改札のようなものがあるにもかかわらず開きっぱなしでした。

しかも切符を渡されず、そのまま電車に乗ったのですが、驚いたことに到着地では改札さえ無いのです。

彼に聞くとオランダでは専用の機械に切符をかざすと、日本のスイカやパスモのように電子チップが埋め込まれていてピッと音がなるとのこと。降りるときも機械にかざします。

また電車の中では、巡回している車掌さんに切符を読み取って確認してもらいます。

私が切符を渡されなかったのはインターネットで購入し、ダウンロードした紙の切符だったからだそうです。

オランダの切符の種類と購入方法

販売機で購入したチケット

オランダの電車の切符は、一般的に券売機で目的地までの切符を購入します。その際1等車か2等車どちらかも選びます。

オランダの電車では必ず1等車と2等車があり、1等車は座席が広くゆったり座ることができ、値段も高くなっているので切符を購入する際には気をつけてください。

オランダの券売機はクレジットカード、バンクカード、小銭は使用できますが紙幣は使用できません。

券売機では英語表記も選べます。

購入方法は、タッチパネルの画面で目的地を検索し選択します。

その後何枚購入するのか、1等車と2等車どちらにするのかを選び支払方法を選びます。

支払が完了すると切符が出てきます。

オランダの電車の切符が普段より安く販売されることや、またはチケットとランチやチケットと施設の料金がセットになったものなどが販売されることがあります。

その切符は、初めて私が電車に乗ったときの切符と同様に、インターネットで購入し、印刷をすれば電車に乗ることができるので、機械にかざす必要はなく車掌さんにその切符を見せれば大丈夫です。

オランダのチャージ式カード

チャージ式カード

また、ov-chipcardというスイカやパスモのような機能を持ったカードもあります。(オランダ語の記載ではov-chipkaart)

これは大きい駅の販売機で購入でき、チャージして使うことができます。

このカードはバスでも使用できますが、乗車する際と下車する際に機械にかざす必要があります。

上記のように電車でもバスでも使用できますが、電車の場合は残高が20ユーロ、バスの場合は残高が4ユーロないと使用することができませんので、注意してください。

電車の乗り方

オランダの電車

オランダでは場所にもよりますが日本の電車ように自動ドアではなく、乗る・降りする際には「開く」ボタンを押さないとドアは開きません。

電車の座席も日本と違い、ほぼすべてがボックス席で、テーブルがついています。ボックス席のテーブルの下にはゴミ箱がありゴミを捨てることができるようになっています。

また、オランダといえば自転車が有名ですが、自転車も一緒に電車に乗せることができます。2階建ての車両が多く車両の間のドア付近に自転車がおいてある場合があります。

電車内には電子掲示板があり、終点までの駅とその到着予定時刻が表示されています。遅れる際は修正されたものが表示されます。

私は郊外に住んでいるため、1つしか路線がありませんがロッテルダムやアムステルダムなど大きな街ではたくさん路線がありホームも10以上あります。

また、電車を乗り過ごしてしまうと日本の山手線のようにすぐ来るわけではないので余裕を持った行動をお勧めします。

今回オランダの電車についてご紹介しました。オランダに来たときは日本との電車の違いに驚きましたが、今ではすっかり慣れて使っています。

オランダに旅行、仕事、留学で来られる方は電車を利用することが多いと思いますが、電車の切符や乗り方などが日本と違うので、この記事がお役に立てればと思います。

The following two tabs change content below.
ENDO NAHOKO
オランダ人の彼とオランダで生活中。オランダの情報を発信していきます。
最新記事 by ENDO NAHOKO (全て見る)