スペインとのワーキングホリデーが決定!

スペインとのワーキングホリデーが決定!

ついに日本とスペインとの間のワーキングホリデー協定が署名・締結さ・実施が決定しました。

スペイン語圏の協定は初めてのことになります。

ラテンのノリが大好きで現地で働きながら生活してみたい!という方にとってはとてもうれしい協定が締結されました!

自分も現在、スペイン語を勉強中で、スペイン留学経験者やスペイン人の友人が多くいるので行ってみたいなー…とは思うのですが、働くなとなるとなかなか難しいんです…。

本5日,東京において,岸田文雄外務大臣は,フェリペ6世スペイン国王王妃両陛下の国賓訪日に際し訪日中のアルフォンソ・ダスティス・スペイン外務・協力大臣(H.E. MR. ALFONSO DASTIS, Minister of Foreign Affairs and Cooperation of Spain)との間で「ワーキング・ホリデー制度に関する日本国政府とスペイン王国政府との間の協定」の署名を行いました。

引用元:日・スペイン・ワーキング・ホリデー協定の署名|外務省

スペインワーホリの条件は他のワーホリ協定国と同じです。
簡単にまとめると下記のような感じ。

・ビザ申請時の年齢が18歳から30歳以下

・滞在期間は一年間

・滞在や帰国に必要な資金を保有している

現地で働く難しさや、スペインでの経験の魅力を簡単にまとめます。

言葉の壁が高い

言葉の壁が高い

スペインはEU圏の先進国の中では英語力がかなり低い国です。

ワーホリでスペインに行くには、スペイン語の学習は必須となると考えておいたほうが良いと思います。

また、自治州公用語が存在します。

カタルーニャ 1979 (2006) カタルーニャ語 (catalán, català)
アラン語 (aranés, aranés) 2006 年から
バレアレス 1983 (2007) カタルーニャ語 (catalán, català)
バレンシア 1982 (2006) バレンシア語 (valenciano, valencià)
バスク 1979 バスク語 (euskera, euskara)
ナバーラ 1982 バスク語 (vascuence, euskara)
ガリシア 1981 ガリシア語 (gallego, galego)

言語や文化のことも考えながらスペインのどの州で生活するか決める必要があります。

カステリャーノ語 (Castellano) とはいわゆる標準スペイン語です。地方公用語や方言と区別するために、この様に呼びます。

カタロニア語(カタラン語 Catalán)は、バルセロナを含むカタルーニャ地方などの地方公用語です。関西弁、東北弁等といった単なる方言とは異なり、「公用語」なのでその言語の重要性は非常に高いです。

またカタルーニャ地方は言語も含めて自文化をかなり大切にする風潮があります。

カタルーニャ地方の街中の看板や標識などの言語は、バルセロナ市内ですとカタラン語、カステリャーノ語、英語、田舎のほうに行くと、英語表記は無かった様な記憶があります

また、現在スペイン語話者の日本人採用が加速しています。

私がスペイン語圏へ転職した理由

スペイン語が話せるようになると中南米どこでも言葉が通じるようになるので世界が広がるのは魅力的!

仕事はあるの?

仕事はあるの?

現地のスペイン人ですら仕事を探すのが困難な状態なので、スペイン語が話せない日本人にどれだけ働き口があるかというと、あまり期待はしないほうがいいかもしれません。

反対にスペインでは若者の失業率の高いので、仕事をしに日本にワーホリビザで来るスペイン人が増えるのではないかと思います。

スペイン人の仕事と時間の考え方

観光地やサッカーなど魅力もたくさん!

観光地やサッカーなど魅力もたくさん!

数々の芸術家を輩出した国であり、世界的に有名な遺産も多く存在します。

スペインの首都で、経済の中心マドリッドの国立ソフィア王妃芸術センターやプラド美術館。
スペイン第二の都市バルセロナのサグラダファミリアやカサ・ミラ。
スペイン第三の人口を持つバレンシアのラ・ロンハ。

また、闘牛やフラメンコ、スペイン料理、トマト祭りなども有名ですね。

そしてなんと言っても、サッカー大国です。

世界最高峰のリーグであるリーガ・エスパニョーラを現地で追えるのは、サッカー好きにとってはそれだけで全財産をはたいてスペインへ渡航する価値があります。笑

中村俊輔や大久保嘉人、清武弘嗣などこれまでも何人もの日本人選手がスペインで挑戦してきましたが、歴代最高の活躍をしているのが、現在エイバル所属の乾貴士。残念ながら日本人選手がリーガ・エスパニョーラで安定して出場していることは珍しいことです。

そういう意味でも素晴らしい時期といえるかもしれません。

以上のように魅力も多いスペインワーホリですが、厳しい面も大きいです。

基本的にワーホリが始まったばかりですと情報も少ないですし、現地でのサポート体制やコミュニティも期待はできません。

だからこその海外で生活する楽しみもたくさんあるんだろうなー。。スペインでサッカー観たい…。

行かれる予定の方は、大使館もバタバタしてると思うので準備は念入りに!

在日スペイン大使館でビザ申請へ!

The following two tabs change content below.
contributor
contributor
BoundtoBoundでは寄稿者を募集しています。 あなたの経験が、これから海外に飛び立つ方の力になるかも知れません。 お気軽にお問い合わせください。