113 views

24時間オープンのスーバー

24時間オープンのスーバー

新しくなったドイツのミュンヘン中央駅の駅地下を紹介します。

まずは24時間オープンのスーパーについて。

ミュンヘン北口の階段を降りたところに、なんと24時間オープンのスーパーがある!

しかも、2ユーロからクレジットカードOK!

もう何年も工事をしてた駅地下。

すっかり生まれ変わって便利になった。

このREWE という、大手スーパーのチェーン店で売ってる物の質は悪くない。

商店の開店時間にうるさいドイツ。

24時間オープンなんて画期的。

ちょっとビックリです。

ドイツを旅行中、不足しがちな新鮮な野菜や果物。

洗ったり切ったりするのが面倒だなぁ。

なんていう人にはドレッシングまで付いているサラダもある。

ここには写ってないけど、100gが1.19ユーロのサラダバーもあります!

部屋で飲みたいななんて方にはビールやワインも…。

もちろんポテトチップスやパックのハムやサラミもあります。

グミやチョコなどの甘いもの、サンドイッチなどのテイクアウトできる軽食もある

ホント、便利になったもんだ!

24時間オープンのマック

24時間オープンのマック

次は日本でも馴染み深いファーストフード店、マクドナルド。

駅北口の階段を下りて右のほうに歩いていくと、パッと見は普通のマックだけど、実はとても機能的なマックがある。

へんてこな機械が店内にあるんです。

カウンターに行かなくても注文ができる自動注文機とでも言いましょうか…。

クレジットカードも使えるんですよね。

ハンバーガーの受け取りはカウンターで。

画面にタッチすると、ここで食べるかテイクアウトにするか決める。

日本やアメリカとかだとこんなのて普通なんでしょうかね~。

私はこんなもの見たことなかったので、びっくりしました

なんだかミュンヘン中央駅、すごくなってないですか??

そう思うのは私だけ?

お肉屋さん

お肉屋さん

最後にお肉屋さん。

なんで駅地下にお肉屋さん?

そりゃ何てったって、狩猟で暮らして来たゲルマン民族ですから!

という私も最初見た時は、「えっ何でこんなとこに肉屋が!」という反応でしたが、これが以外と嬉しい。

街中じゃ、ビクトリアンマルクトに行かないと肉屋さんないですからね。

美味しいハムやソーセージやサラミを楽しみにドイツに来ているのに、味わうことなく帰る観光客が以外と多いんですよ。

簡単な椅子とテーブルもあって、座って食べられる。

色々あるので適当に何種類か買ってみよう!

50gぐらいから、g単位で買えます。

温かい鶏の丸焼きやスープ、ハンバーグやレバーケーゼもある。

お勧めはレバーケーゼ。

真空パックのソーセージやパンに塗るペースト類。

ビールや水も売ってます。

さて、新しくなったミュンヘン中央駅の駅地下のお店をご紹介してきましたが、1つ気が付いた事が…

地上にあるお店と比べると商品の値段が安い。

空港とか駅はなんでも高くて当たり前だけど、駅地下は普通のスーパーと同じような値段だ。

なんだか駅がすごい!

The following two tabs change content below.
ロマンチック街道最大のアウグスブルグ在住。旅行や視察のコーディネート、通訳、ガイドをしています。得意分野は観光以外に森の幼稚園やシュタイナー教育などの幼児教育。動物福祉先進国ドイツのティアハイム、動物病院、犬の訓練校などの動物愛護関係。ブログも更新しています。