167 views

スペインの大学入学に必要な手続き。それは…

スペインの大学入学に必要な手続き。それは…

前回はスペインの大学の魅力的な点を踏まえながら、大学受験があるということも少しお話ししました。

スペインの大学へ入学するために必要な条件はPAUという全国統一テストのようなものを受ける、そして日本でいう高校卒業以上の学歴であるということが必要!

・・・そんな“必要!”って!マークなんかつけちゃって~。

はいはい。

高校なら卒業してるから大丈夫っす。

って思っているそこのあなた!!!
↑!マーク3つもつけちゃった(∀`*ゞ)テヘッ

高校卒業してまーすって口で言ってもダメなんです。

ちゃんとスペインでその学位が書面で認められなければいけません。

そして、スペイン国外(日本)で取得した学位を認定してもらうこの手続きを

”HOMOLOGACIÓN(オモロガシオン)”

といいます。

名前はオモロガシオンですが、この手続き、全然オモロくないです。

というわけで、今回はオモロくないオモロガシオンについてお話します!

全然オモロくない…「オモロガシオン」

全然オモロくない…「オモロガシオン」

私がオモロガシオンの準備を始めたのは去年2015年の2月、スペインのペーパーワークは信じられないほど時間がかかるといろんな人から聞いていたので、こんな早い時期から準備をしました。

まずは、母校から成績証明書と卒業証明書を取り寄せることに。。。

私の最終学歴は短大卒業なんですが、スペインでは短期大学というものは存在しないらしく、学歴として認められない可能性もあるということで、高校の各種証明書も取り寄せることに。

短大の単位が認められないなんて

チーン。。。(;’∀’)

だってさ、両親が高いお金出して教育をつけてくれたのに、認められないなんて悲しすぎます!

でも悲しんでばかりはいられません。

認められないかもしれないけど(しかも私は文系の学部だったので栄養学にはほとんど無縁なタイトルばかり((+_+)))

とりあえずやっといて損はないさーと思い短大の各種証明書もオモロガシオンすることに。

そしてこの段階で第一の壁にぶち当たりました。

短大の証明書はすんなり取り寄せることができたのですが、問題は高校の証明書。

取り寄せできるか確認の電話をすると、、、

「日本では成績証明書は卒業後10年経った場合、破棄してよいと文科省で決められています。ですので、すでに破棄されていますので発行はできません。」との回答が。

は?!破棄ってどゆこと?!

いやいやいや、人様の学歴をそんな10年ばっかで消しちゃうんですか?!

ありえねー!

はい、でもここで引き下がらないのが私でございます。

「海外の大学へ行くためにどうしても必要なんです!どうにかならないんですか?!」

と、クレーマーか!というぐらいに抗議。

だって、もし成績証明がなかったらいい成績とってても、入試基準最低ラインの成績でしか大学入試できないんですもん。。。

うん。神様は私を見放さなかったようで、現校長が私の3年時の担任の先生だったことが功を奏し、なんとその校長様が私の成績をまだ持っていらっしゃったのです!

オ~センキューGOD!!です!

そして何とか高校の成績証明書も卒業証明書も無事入手することができました。

ちなみに、私は英文と和文と両方で証明書を取り寄せました。

英文の方が翻訳料金が安いようでした。

オモロガシオンはスペインへ行ってからも可能ですが、その場合はもちろん、英文の証明書の方がよいと思います。

留学までの道のりは長し…ついに申請へ…!

留学までの道のりは長し…ついに申請へ…!

さて、各種証明書を取り寄せた次にすることは、外務省に公印確認・アポスティーユをしてもらいます。

私立と公立では公印確認の方法が異なるので、詳しくはこちらの外務省のページを参照ください。

申請書と返信用封筒、証明書を送付すると、公印された証明書が返送されてきます。日本のお役所、なかなかスムーズに終わりました。

公印確認が終わったら次はスペイン公認翻訳士に証明書をスペイン語に翻訳してもらいます。

スペイン公認翻訳士、、、どうやって探すんじゃい!と思いながらスペイン大使館へメールで問い合わせ。

スペイン大使館から翻訳氏のリストアップされたファイルが添付されてきました。

その中のいくつかに見積もりを依頼し、一番安い翻訳会社を選びました。

翻訳会社もあれば個人の翻訳士さんの情報もあり、中には個人だと電話もつながらない等もありましたが、私は価格とレスポンスの良さで選びました。

文字数などで料金は変わるところもあるそうですが、私の場合は4通の証明書で22,680円でした。高い。。。

そしてついに、スペイン大使館に待ちに待ったオモロガシオンの申請をします!

申請の仕方について、ホームペーではよくわからず、大使館へメール。

返信なし。。。

待ちきれず、電話作戦に。

オペレーターにつながるまで部の選択などし、うちの担当じゃないと若干たらいまわしにされ、やっと情報を入手。

郵送でできる手続きということだったのですが、偶然にも東京でスペイン留学フェアが開かれるということで、大使館まで行きましたw

大使館へいくと受付の男性がとても優しい対応でしたが、金額はぜんっぜん優しくありませんでした(;´∀`)

私はてっきり証明書1つに付きいくらと思っていたのですが、書類1枚に付きいくらという設定で、内訳はこんな感じになりました。

翻訳証明:¥4,026×5枚

サイン証明:¥805×5枚

合計¥24,155

想定外の金額でお金をおろしに行く羽目に。。。

でもやさしい受付の男性、大使館周辺の地図をくれてどこにATMがあるか親切に教えてくれました(*´▽`*)

後日郵送で1週間ほどでつくとのこと。

2週間後、ちゃんと受け取りましたよー♪

はぁ。。。

1週間の遅れぐらいきっと慣れるさー。。。

はぁ(*´з`)まだまだ始まったばっかり!

負けませぬわ!!

The following two tabs change content below.
Lina DeMakingy
学生時代に旅したスペイン、いつか留学したいと夢を抱き働くOL。過去に南米で巨大地震を経験というブッ飛んだ過去も。ある事がきっかけでスペインの大学で栄養学を学ぼうと決意。渡西前から大学入試までをコミカルに掲載。はたしてスペインで大 学入学は実現なるか?!何事も全力で!ぶっ飛び女子のスペイン留学記をお楽 しみください。