ベトナム人女性との国際結婚

ベトナムでの国際結婚について

割と前から日本人(男)&ベトナム人(女)の国際結婚は多く、インターネットにも必要な書類や手順等々まとめたものが山ほど見つかる。

私はハノイに来て1年半、幸いにも恋人を見つけて1年。

2016年1月に入籍する運びになった。

せっかくなので、体験者ならではの視点でよくある「国際結婚って実際どうなん??」「なんか色々めんどくさそう。」という疑問にできる限り答えてみようと思う。
※独断と偏見によるため鵜呑みにしないで頂ければ。

それでは、まずなんでベトナム人を相手に選んだのか?

29歳/独身ということもあり、日本の方からベトナムはどうなん?という質問をもらう。いつも決まって「日本で滅んだ大和撫子はベトナムにいましたよ。」と答える。

「家庭は女性が守る…」「男性の数歩後ろを歩く…」「黒髪ロングで…」みたいな日本でカビが生えた考えが現在進行形で存在している。

少し前に日本のなんかの番組でアジアで美人が多い国BEST1にベトナムが選ばれた。

これは事実だと思う。

ハノイとホーチミンに人口が集中していることもあり、この2都市にいると毎日「おっ!!!」となる女性を見かける。

ついでにアオザイのスリットから見える三角ゾーンは反則。

あれはあかん。

チラリズムを王道でいってる。

ゲレンデマジック。

まぁ私はこれにはまったわけですがw

必要な資料や準備

結婚する前に必要な資料

さて、実際に結婚するとなると何するの?という話ですが、両親に顔見せ→結納→結婚式と、日本と実はあまり変わらない。

国際結婚の場合、書類を揃える必要があるが、ベトナムで常時生活していても結構簡単に揃う。

1.出生届
2.戸籍謄本or抄本(原本)
3.独身証明書
4.結婚要件具備証明書
5.指定病院での健康診断書
6.パスポートのコピー(公証付)
7.一時的な在留許可書(公証付)

2.3は日本の役所でもらえる。代理申請可。

1.4は戸籍の原本を大使館に持って行けば、翌営業日にもらえる。
(230,000VND/枚=約1,500円)

6.7は公証役場に持って行けば、あっという間にもらえる。

残すところ5.健康診断書だが、これがやっかいだった。

ハノイの指定病院はえらい外れにあり、行ってみたら大使館の証明書持って来いやら、通訳を連れてこいやら。

挙げ句費用は5万円。

ふざけんなということで嫁のふるさと(Nghe An:ハノイからバスで6時間)まで遠征。

すると、大使館の証明書/通訳不要、8,000円。なんだこの差は!!??

ついでに5,000円の袖の下のおかげで、全検査ドクター同伴、書類完成までわずか半日足らず。

※ベトナムで袖の下は当たり前の物。あまり気にしないように。これがあると全てがスムーズに進みます。清濁併せ飲むように。

揃えた書類を司法局へ持って行き、面接の日程を決めます。ここでも袖の下のおかげで翌日に。
(出さないと1週間後にされるとか色々と不都合が発生する…。)

面接 @司法局
外国人がベトナム人と結婚するには避けて通れない面接。

ここでも袖の下10,000円のおかげで非常にフレンドリーw

ちょっと緊張してたのに、なんか損した気分w

面接終了から約45日でOKになります。(←日本でいう入籍日。)

結婚式の前に必ずしなければならないこと

結婚式の前に必ずしなければならないこと

さて、書類が終わった。
次に何すんの?

これは日本にはないが、ベトナム人女性との結婚には200%付いてくる一大イベント。
(重要度は下手すると式より高い。)

それは婚前写真の撮影。

え???それだけ???

とか思った人もいると思うが、日本のようにスタジオでハイ!!チーズ!!で終わる生やさしいものではない。

ベトナムには婚前写真スタジオが山ほどある。
まずそこでプランを選ぶ。
(値段は3万円〜上限はたぶん青天井)

値段は衣裳の着数/アルバムに載せる写真の枚数/パネルのサイズ/撮影場所の数等で変動。

私たちは約5万円のプラン(ドレス2着/アオザイ1着/写真120枚/30cmx60cmのパネル/3箇所撮影/写真データのCDR)をチョイス。

朝スタジオに入り、2時間かけて女性は化粧。

男性はみんな待ちぼうけ。

撮影場所へ移動。

撮影箇所は何ヵ所もあるが、婚前写真用に広大な公園が作られており、教会やカラフルな家やレトロな車や池や小舟等何でもある。

専属カメラマンに言われるがままに色んなポーズをとり、写真を撮る。

途中、衣裳直しが入り、男性はまた小1時間待ちぼうけ。

さらに撮る。撮って撮って撮りまくる。

で、場所移動。

また撮る。撮って撮って撮りまくる。

最終的には1,000枚近い写真を撮った。

最後は笑顔を作れないぐらい死んでた。

写真見ても、最後の笑顔の無理矢理感がひどい。

1,000枚の写真から200枚程度を選び、加工(もうほとんど別人。肌色/ウェスト/服のシワ等が綺麗に修正される。)してもらい、アルバム&パネルができあがる。←現在ここ。

それぞれ二人きりの世界。

きゃーステキみたいな写真ですが、それぞれ周りは普通に通行人、お馴染みバイクの大群が信号待ちしてるんで、完全に視線釘付け。

これに堪えるのは結構しんどかった笑

しかも日本人には恥かしいポーズも多い。

キスはもちろん、お姫様抱っこ、ハグ等々全てが人前で行われるところがね…笑

ちなみに式の前に完成させなければならない理由は「自己満&来賓に見せびらかす」の2つのみ。

長くなっちゃったんで結納→結婚式は別記事にしまーす。

The following two tabs change content below.
MIYAMOTO YUUKI
ベトナムのハノイに来て、ちょうど1年です。現地法人に勤務中です。