バンクーバーってどんなところ?

イングリッシュベイです。天気が良い日には観光客、現地の人たちでかなり賑わいを見せます。

まず基本情報から…

国名:カナダ
州都:BC(ブリティッシュコロンビア州)
時差:日本時間-17時間(サマータイム時は-16時間)
言語;英語(アメリカ英語とイギリス英語のミックス)※仏語も公用語ではあるがここバンクーバーでフランス語を聞くことはあまりない

と、ここまではネット検索で簡単に出てくるベーシックな情報でしたが、ここからは現在進行形でバンクーバーに滞在している私が“リアル”に、そして“最新”の情報をお届けしていきます!

さて、まずバンクーバーに来るための選択肢としてメジャーなVISAが下記のものかと思いますが、

・ビジタービザ(観光ビザ、つまりノービザ)
・学生ビザ
・ワーキングホリデービザ
・co-op ビザ

ちなみに私は学生ビザでカナダに滞在しています。バンクーバーにあるカレッジにてTourism Managementを学んでいるのですが、それとは別に週5~6でアルバイトもしているので毎日かなり忙しいです。まあ自分でこの道を選んだのだから文句は言えないんですけどね…(笑)

と、私情はさておき、皆さんも学生ビザ、もしくはワーキングホリデー(以下ワーホリ)を使ってカナダに来ようと思っている人が大半ではないでしょうか?

実際に私がバンクーバーで出会った日本人の約5割もの人々がワーホリ、2割が学生、2割がビジター、そして残りの1割がその他(co-opビザや永住権、市民権を持っている方)という感じです。

2015年度のワーホリビザ申請は例年になく申請時期がなかなか発表されずに渡航の予定が狂ったという方も多いかと思いますが、4月下旬になってようやく発表されましたね!

今から申請してもビザが下りるまでに3ヶ月弱はかかると思うのでまだ申請していないという方は早目に動いた方が良いと思いますよ!定員数も決まっていますしね!

ビジタービザという選択肢

コールハーバーになります。海の反対側はノースバンクーバーです。

もしまだバンクーバーに来ることを悩んでいてビザ申請に踏み切れない(申請にはお金も時間もかかるし)という方はまずはビジターとして来てみることをオススメします。

日本国籍の人はビザを持っていなくてもビジターとしてカナダに最長半年間滞在することができるので、とりあえず半年間住んでみてもしまだ日本に帰りたくないと思えばそのときに改めてワーホリビザなり学生ビザなりを申請すれば良いと思うし、逆にバンクーバーはもうお腹いっぱいだと思えばそれこそ一カ月とか二カ月で帰国しても良いと思うし、まずは実際にバンクーバーに来て見てください!!!!!

日本でどうしよっかな~ 行こうかな~ でもな~~~ みたいに悩んでいるのはハッキリ言って時間の無駄です!何事も実際に見てみないと分からないし、いろいろな意味で日本から想像しているバンクーバーと実際のバンクーバーって違うと思います。(とくにワーホリを考えている方は年齢制限もあるし…)

バンクーバーの魅力とは

グランビアルアイランド側から撮影したダウンタウンの様子です。背景のビルは全て ダウンタウンにあるビルになります。

バンクーバーって治安も良いしカナダの中では一番寒くない地域だし多民族国家だからアジア人に対する差別も完全にないと言っても過言ではないし、本当に生活しやすい環境が整っているということは胸を張って言えます!バンクーバーなら永住するのもありかな~…って思えちゃうほど最高です!!(笑)

あ、上に軽く書きましたがバンクーバーってカナダの中でも一番寒くない地域だと言われていて、実際今シーズンは(昨年の9月から今年5月まで)トータルで2日間しか雪が降りませんでした。

私のイメージだと、カナダ=雪国だったのでもっともっともーっと寒くて毎日大量の雪が降り積もって学校や仕事に行くのが大変だと思っていたのですが、とんでもない!雪よりかは雨の日の方が断然多くて、みんなバンクーバーならぬ“レインクーバー”と呼んでいました。(笑)

そんなバンクーバーにも残念な点が…。それは、観光地の少なさです!(笑)バンクーバーから日帰りで行ける観光地はたかが知れているので半年も住んだら休日は何をして過ごそうかと悩む日もすぐに訪れるのではないでしょうか。(笑)実際に私を含む周りの友人たちもそんな感じなので…。

大自然

ウインタースポーツ

しかし、バンクーバーはたくさんの自然に囲まれています。バンクーバーから日帰りでも行ける山がいくつかあるのでウインタースポーツも十分堪能することができるので、スノボやスキーをカナダでやることを夢見て日本から来られる方もご安心ください!ダウンタウンには雪はなくても少し行った山にはしっかり雪が積もっているので!

実際に私もダウンタウン近く(バスで45分ほど)の山にスノボしに行ったのですが、もう最高でした!!雪質良し、コース良し、そして何よりあまりの絶景に大興奮すること間違いなしです!(笑)

冬はウインタースポーツ、夏はハイキングやラフティングなどなど大自然に囲まれているバンクーバーならではの生活、ぜひ一度体験してみてください♪ 私は過去にイギリスやアメリカに留学していた経験もあるのですが(そのときのことはまた別記事にてお話しできたらと思います)、バンクーバーが一番生活しやすくて本当に本当に快適です。

多民族国家ならではの多民族レストランが至る所にあるのもバンクーバーの魅力の一つ!オススメのレストランやカフェ情報などもぜひ紹介したいのですが、記事がまとまらずに長くなってしまったのでまた改めて記事にできたらと思います。

治安について

世界共通で言えることですが、チャイナタウン付近は治安が良いとは言えません

あ、一つ大切なことを書き忘れていましたね。それは、実際にカナダに来ようと考えている皆さんご自身やご家族の方がとても気になっているであろう“治安”についてです。

単刀直入に言うならば、バンクーバーの治安はかなり良いです!私が今までに訪れた国、地域(日本を除く)の中ではダントツ一位の治安の良さではないでしょうか!?

とくにダウンタウン内でしたら夜遅くまで飲み歩いて、帰りが女性一人になってしまっても恐れることはありません。私を含む友人談でも今までに怖い目にあったという経験、話を聞いたことは一度もないです!とは言っても、やはりここは海外。自分の身は自分で守ると言う意味でも最低限のことは頭に入れておきましょう。

基本的なことにはなりますが、
・治安が悪いと言われている場所には立ち入らない
・路地裏など人気がないところには行かない
・なにか言われても(誘われても)NOとハッキリ断る
・貴重品から目を離さない(財布や携帯をズボンの後ろポケットに入れないなど)

細かく言えば気を付けるべき点はもっとありますが、上に書いたような最低限のことさえ守っていれば女性一人で夜に外出できるほど安全な街です。警察官がパトロールしている姿も頻繁に見かけますし、あ、あとタクシーでぼったくられたという話も今まで聞いたことがありません!海外でこれは素晴らしい!!!(笑)

でも残念ながら、たまに若者が興味本位で治安が悪いと言われている地域に立ち入ることがありますが、そこで何があろうとそこからは完全に自己責任です。

いくら治安が良いと言われているバンクーバーでも、ここは日本ではない、海外なんだということを常に忘れないでいないと最悪の場合取り返しつのつかないことになりかねません…。興味本位だけでそういう場所に近づくことだけは絶対にやめましょう!!!

初めてバンクーバーに来られる方、とくにこれが初めての海外経験になるという方はホームレスのあまりの多さに最初は驚くかも知れませんが、こちらが変なことをしない限り彼らがいきなり襲ってくるということはないのでそんなに怖がらないで大丈夫です。

日本にいるホームレスと違って海外のホームレスはかなり積極的。自らお金や食料を恵んでくれと歩み寄ってきますが適当に断れば(sorry, I don’t have any changeとか適当に言っておけばokay)それ以上しつこく迫ってくることはありません。

カナダの物価について

ダウンタウン

とくに今(2015年4月)は円安が少し落ち着いてきているので尚更今がチャンスかと!!私がカナダに来た時は円安が今よりひどく、1ドル=130円弱でした(泣)

と、最後に物価について少し触れておくと、バンクーバーの物価は高い高いと言われていますが、そんなに言われているほど高くないというのが個人的な感想です。もちろん人によっては物価高い!!と、ブーブー言っている人もいますがそれは彼らの生活スタイルがそう感じさせているのではないかと勝手に分析しています。

当たり前ですが、ダウンタウン内に住もうと思えば家賃はそれだけ高くなります。海外食が口に合わないからと日本食ばかり求めていたら食費はそれだけかさみます。(日本食は輸入品なので、日本で買うより2~3倍のイメージ)とは言っても、携帯代や交通費、スーパーで買える食料品などはむしろ日本より安いのではないでしょうか?

つまり、そもそもの物価は日本と変わらないというのが答えで、そこからは皆さんの生活スタイルによって左右されるという訳です!

例に出すと、携帯代は月に30ドル~40ドルが平均(日本円で4000円以下)で、インターネット、テキスト、通話が無制限で使用できます!スーパーも日本と同じで、安いスーパー、お高めのスーパーなどいろいろあるので少しでも食費を抑えたいなら安いスーパーに行く一択です!

と、こんな感じで生活費を抑えられるかどうかも、危険な目(トラブル)に合わずに生活できるかも、休日をどう過ごすかも結局は皆さん次第!

初めて海外に出るという方には特にオススメなのがここバンクーバーであることには変わりはないので、もしまだ日本から出ることを悩んでいる方がいれば勇気を振り絞ってぜひ来て見てください^^ 素敵な経験ができること間違いなしです♪

これからもバンクーバー情報などいろいろシェアできたらと思いますので、ぜひまたお会いましょう!

The following two tabs change content below.
Sakai Mina
イギリスの大学を中退して現在はカナダのカレッジに留学中。海外25ヶ国/計40回以上(旅行、短期留学、長期留学)の実経験を発信していきます。