夏のバンフで紹介してもらったレストランの仕事

海外_働き方

さすがは夏のバンフは、どこも人手不足らしい‥‥。

働いてた職場の同僚に、紹介してもらった次の仕事はチャイニーズレストラン。

内容はバッサーという片付けメインの仕事。

でも、お客様とも同僚とも英語だし、私としてはありがたい仕事でした。

紹介だからか人手不足だからか、面接も働くことが前提の内容。

こっちの希望を確認して終わり、次の日から働くことになりました。

チャイニーズレストランだから円卓のテーブルがあって、30人とか40人とかのツアーの団体客が来る。

それがディナータイムだけで2回転とか3回転とかするから、帰ったらすぐに片付けて次の準備して。

でも個人のお客様も来るからそっちも片付けて、案内してと目まぐるしい。

その上お客様から声を掛けられ、マネージャーからは「hurry」と言われ‥‥と更に忙しい。

だからか、みんな若干ピリピリムード。

でも仕事が終わると一緒に乗り切ったっていう連帯感も生まれ、和やかにまかないを食べてという日々でした。

ここでの仕事は大変だけど楽しかった!

1ヶ月のみの仕事だったけれど、同僚の人とも最後にハグしたり、たぶん忙しいからだと思うけど、「いつでも戻ってきて」と言われたりといい関係も築けました。

でも、仕事は1ヶ月で辞めました。

それには理由があります。

私の計画として10月初旬まで働こうと思っていたのですが、やはりハウスキーパーの仕事がハードすぎて、それまでは働けないと思ったからです。

ハウスキーパーを辞めるとなると、私はハウスキーパーをしている寮に住んでいたので、そこから出なければなりません。

そうなるとバンフから出るか出ないかの選択肢が生じます。

バンフに残るとなると家を探さなければなりません。

しかし、寮ではない家をバンフで探すのは難しいのです。

このチャイニーズレストランも寮があったので移るのも手でした。

ですが、このレストランは9月になると暇になって仕事がなくなるって話を聞いていたこと。

そして、さすがにフルタイムでバッサーは大変と思ったのでバンフを出ることにし、そう決めてからまた仕事探しを開始しました。

ビザの期限がこの時点で残り3ヶ月を切っていたので、次の仕事の照準は観光地。

その理由は夏の観光シーズンが終わるのが9月末ぐらいなので、夏に観光客が多いところは短くても雇ってくれるかなと思ったから。

まずはバンフの周り、カナディアンロッキーを調べると、色々と仕事が出てきました。

でも、ハウスキーパー以外のところは3ヶ月以上の勤務条件ばかり。

カナディアンロッキー以外のとこにも住んでみたいと思ったので、これらの仕事は断念。

次に、元々バンフを出たら東の方に行こうと思っていたので、そっちで検索。

そこで見つけたのが、今働いているジャパニーズ&コリアンレストラン。

何ヶ月という条件が出てなかったのですが、ダメ元でメールしてみました。

「短期間の勤務だとパートタイムでしか働けないけど、それでも来ますか?」

こんな返答がありました。

どうしようと悩んだけど、ここを出るって気持ちは変わらなかったし、元々行きたいと思っていた町だったので、行くことにしました。

それからが忙しかったです。

そこは寮がないから、家探し、片付けと準備を2つ仕事をしつつ、していました。
(ちなみに家探しが1番大変だった!)

そんな時に事件発生。

なんと行く予定のレストランがシェフの都合で一時閉店、再開未定。

交通費を抑えるために返金なしのチケットを取っていたので、行かないわけには行かない。

どうしようとなりました。

ただ幸運なことが2点。

トロントからそこまでのチケットはキャンセルがきいたのと、まだ家が決まっていなかったのです。

トロントに友達がいたこともあり、トロントに1週間滞在して考えることにしました。

そんなこんなで、バタバタな中、バンフを発つ頃に再開予定が決まりました。

トロント滞在予定で友達も大家さんに宿泊許可をもらってくれていたので、その予定は変えず、当初予定より1週間遅く到着。

しばらく生活の準備をして店の再開を待ちました。

そして再開の前々日。

ここで、驚きの事実発覚!

なんとホールを仕切っているマネージャー(オーナーの奥さん)は私が短期なのを知らず、オーナーが決めてしまったらしいのです。

マネージャーは長期だと思っていてびっくりしているので、働けるのか不安になりましたが、2人いた日本人のサーバーの方達が加勢してくれ、働けることになりました。

ここでの仕事はサーバー。

オーダーを取ったり、運んだり、片付けたりしています。

ここでの仕事も楽しい!というか英語で話すのが楽しい!

拙い英語だし、メニュー介しての話だけど、やり取りしているのは楽しいです。

同僚も2人以外はコリアンなので、英語。

お客様からの要望を伝えるのに苦戦しながらやり取りしています。

海外で働く経験について

海外_働き方

これまで3つの仕事をしましたが、どこも環境には恵まれ、充実した日々を送れました。

ただし、ハウスキーパーの仕事はやはり自分には合わなかったと思っています。

でも、それを知ることができたのでいい経験になりました。

レストランは向いてるかはわからないけど、人との関わりが多くて好きな仕事でした。

その上、チップとまかないがあるので嬉しい!

(ハウスキーパーもチップはあるけど、私の場合はない日もあった)

最後に海外で働く経験&滞在期間で私が考えたこと。

私の仕事はハウスキーパー2ヶ月、チャイニーズレストラン1ヶ月、ジャパニーズ&コリアンレストラン1ヶ月とどこも短いものでした。

またそれぞれの都市への滞在も短いものでした。

私が出会った人達の中で、この働く期間や滞在期間も本当に人それぞれ。

1年同じ都市で同じ仕事で過ごす人、私みたいに転々とする人、1つの都市だけど仕事を転々とする人、観光シーズンだけ観光地に来る人、人によってはファームステイを挟む人がいたり。

私が出会っていないだけで、まだまだ色々な働き方があるように思います。

カナダだからかはわかりませんが、3ヶ月働ける人って条件はよく見かけたし、前提としている感じはします。

それでも私はやりたいって思って色々な仕事にアプローチしてみました。

私自身はこれまでの選択に後悔はありません。

唯一あるとすればちゃんとした面接を受けなかったということぐらい。

(どこも来たいならどうぞだったので)

たくさん可能性があるので、まずはアプローチも大事かなと思っています。

The following two tabs change content below.
contributor
BoundtoBoundでは寄稿者を募集しています。 あなたの経験が、これから海外に飛び立つ方の力になるかも知れません。 お気軽にお問い合わせください。