到着して二週間経つ暇人目線から見るメルボルン

St Kilda Beach

めちゃくちゃ暇してます。

学校にも行かず、仕事もせず、昼に起きてビールを飲んで日本から持ってきているWEB製作の仕事や管理を少しして、セントキルダビーチまで歩いて、夜は友達とぶらぶらしてビールを飲んで・・。

ぶらぶらするといっても、あまり行くところもなく、友達もシェアハウスで出会った人達くらいだし、閉塞感を感じ始めてきました。

とりあえず来たばかりですが、この二週間ぶらぶらしてのメルボルンの印象を書いていきます。

シティってどんなところなの?

MELBOURNE CITY

シティ内ならばトラムの乗車料は無料となりますが、徒歩でも1時間あれば周りきれてしまうくらいの規模なので、歩いて散策してみるのも良いでしょう。

バスキング(路上パーフォーマンス)をしている方や、グラフティーアートが多く、アートの街というイメージ通りでした。

また、カフェ文化の盛んな街ということで至る所にカフェがあります。

デグレープスストリートなど有名なカフェ通りについては別記事で紹介させていただきたいと思います。

しかし、英国文化の影響を色濃く残す建築物と、様々なバックグランドを持つ人々が行きかう街並みは素敵なのだが、トロントに非常に良く似ていて、個人的には新鮮味に欠けてしまった。

先進国の都心部はどこもこんな感じなのでしょうが、アジア圏からの移民や留学生の多いカナダ・オーストラリアは特に近いところがあるのでしょう。

とにかく美しいビーチがあればいい

St Kilda Beach

まぁ、シティにはあまり魅力を感じることが出来なかったが、ビーチの美しさには心から感動した。

僕の住むサウスヤラからパンクロードとバークレイストリートを真っ直ぐ南下していくとセントキルダビーチに辿り着く。

まだ自転車も車も買っていないので、トラムかバスを使うことになるのだが、運動もかねて一時間かけて毎日歩いて通っている。

何もやることがないときに眺める海ほど素晴らしいものはそうそうない。

昼間から多くのオーストラリア人がビーチでのんびり楽しんでいるのを見ると、この人達は働かなくても大丈夫なのかと心配になってしまいますが、人のことを言えないことに気付いてのんびり過ごしまています。

ちなみに堤防の先ではペンギンを見ることも出来ます。

観覧車もあります

南半球最大の観覧車

お台場や、僕の地元である横浜みなとみらいを彷彿とさせるドックランド。

コストコの横に聳え立つ大観覧車は、高さ120mと南半球最大。

一周約30分かけて周遊し、メルボルンの街並みをゆっくり見回せます。

最大20人乗りのゴンドラということで非常に興味深かったが、30ドル以上出して友達と二人で乗るものではないなということで眺めるのみとした。

追加料金を払い予約をすることで、食事やアルコールを楽しみながらパーティーをすることも可能だとか。

観覧車内でパーティーとはなかなか粋なサービスですね。

メルボルンにいるうちに試してみたいと思います。

今日からエージェントや雑誌社にアプローチをかけ始め、明日からは仕事も始まるので、やっとアクティブに動き始めることになりそうです。 
 
それでも、せっかくこんなに素晴らしい海が近くにあるのだから、海を眺める時間や「ゆとり」は忘れずに過ごしていきたいと思います。

今後もメルボルンからまったり発信していきますので宜しくお願い致します。

HANABI at St Kilda Beach

The following two tabs change content below.
MOMOSE KOUDAI
DirectorBound to Bound
WEB制作・飲食店・シェアハウス等を経営・運営中。2012年4月から2013年3月までカナダ・トロントで生活をしていました。2015年1月より、オーストラリア→東南アジアで生活中。宜しければ中二病社会学会も覗いてみてください。